2005年12月09日

今年も草季庵で蕎麦

時之栖の素晴らしいイルミネーションを見た後は
このお蕎麦屋さんでお食事をして帰ります。

今回も恒例?でこの草季庵へ。

R246を御殿場インターの方へ進んだ途中を左に曲がったところにあるこのお店。
その道はとても細くて真っ暗。
入ったすぐのところに灯りと看板があるのですが
初めての人は絶対に通りすぎてしまう、ちょっとした隠れ家チックです。

お店は日本家屋をそのまま使ったと言う感じ。
そんなに大きくはないのですが、
畳のお部屋に掛け軸。障子の窓からお庭の緑が見えて
とても落ち着くお店です。

そんな和風なお部屋にBOSEのスピーカー。
流れているのはジャズ。
そうそう、おトイレのBOSEは赤いんです。
これがカッコイイ!
イカしかセンスです。

寒かった外から暖かいお部屋に入り、
蕎麦湯を飲みながらお食事を選びます。

まずは“季節のサラダ”

2005草季庵サラダ.JPG

ホタテとぶりのお刺身と、揚げ蕎麦がのったサラダ。
和風のドレッシングでさっぱり。
揚げ蕎麦のカリカリ感が食感を加えてくれます。

“蕎麦餅のあんかけ”

2005蕎麦餅.JPG

去年も頼んだお料理です。
蕎麦餅は瑞々しく結構サラットいただけるお餅。
それに鰹だしで作った白菜とかに肉、ホタテのあんがかかっていて
とてもよく合います。
あんがしっかり味付けされているので、お酒のおつまみには最高ですね。

私たちはウーロン茶でしたが...

そして、大好きな“出汁巻き卵”

2005蕎麦餅.JPG

こちらは甘さが強めの卵焼き。
フワフワでとてもジューシーです。
出汁の味よりは甘い卵焼きのイメージかな?!
一緒に添えられていたカブのお漬物もとても美味しいものでした。
お店で漬けているようです。

そしてメインのお蕎麦です。



草季庵
created by saorin.


このお店のオススメ蕎麦の“しぼり大根のせいろ”
“天ぷらせいろ”をいただきました。

しぼり大根は辛み大根の絞り汁に信州産の味噌を溶いていただくのですが
これが辛いのですがクセになる味。
味噌が絞り汁の淡白な味にコクを加え、お蕎麦の瑞々しさと合わさります。
一見さっぱりしているようで、味噌のコクがしっかり感を残します。
だから、大盛のダーリンは最後まで食べきれませんでした。
私は意外といつまでも食べられそうな感じ。
葱を加えてももっと大人味にしても美味しいです。

風邪気味の人にはもってこい!と言う感じのそばつゆです。

大満足なお蕎麦でした。
また来年もこの絞り汁でいただくお蕎麦を食べに来ます!


草季庵

静岡県御殿場市杉名沢306−1  
0550-88-0808
posted by さおりん at 17:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | レストラン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

今年も日本一のイルミネーション

2005時之栖トンネル.JPG

御殿場『時之栖』のイルミネーション
前回はXmas時期に観に来れず、今年の2月に初めて観に来たのですが
それはそれは素晴らしく(季節はずれのトナカイとかサンタがちょっとさびしい感じがしましたが)
大感激したのを覚えています。

ほんとにキレイなんだから...



そして、今回はちゃんとその季節に観に来れました。
どうでしょう!!
このトンネル、340mのイルミネーショントンネル。
美しすぎる。圧巻。
暗い夜空を歩いていくと、このトンネル。
ぱぁ〜っと目の前が明るくなります。
想像以上の灯りです。
一瞬立ち止まるくらい。目がくらみます。
ほんとに凄いんです。


続きを読む
posted by さおりん at 16:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | デート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

5周年記念ディナー

ツキクラブエントランス.jpg

12月5日、毎年この日に決まったレストランで食事をします。
お店は芝浦にある『T'SUKI CLUB NYX』
実は、私とダーリンが初めてデートした(結果的には準初デート)場所と日にちなんです。
その日以来、毎年この日にここで食事をしています。
なんとこの日で5回目。5周年です。



あ、この日!と限定した言い方はちょっと違うかな。
前の“焼肉デート”の日記でも少し触れていますが、
私は毎年この時期に風邪をひいてしまい、ちゃんと5日に食事が出来た事が
実はほとんどなくて...
今年も気管支炎で咳き込みながらのお食事。
でもちゃんとこの日に来れました!
と言うことで、ダーリンからお花のプレゼント
まさか!のお花だったので、凄く嬉しくて、ジーっと眺めてしまいました。
彼オススメの『MOKA』というとても素敵なセンスのお花屋さんのもの。

MOKAお花.JPG

こういうサプライズ的なプレゼントはとても嬉しいものです。
しかもお花って...凄く嬉しい!

そしてこのお店に向かう車の中では
必ずといっていいほど

「あの日はこの道で行ったんだ...」

と、5年前のその日を思い出させる会話をしています。
こういうことって何気ないことだけど、時間が経つに連れて
とても大事なことなんだな...と実感させられます。

そんな思い出話をしながら、クリスマスのライトアップが華やかなお店につきました。

海沿いにあるこのお店は、窓際の席からの眺めが最高です。
毎年このお席を用意して貰うのですが、いつもお天気がよく
今日も夜景がとてもキレイです。

暖色系で統一された店内は天井が高く
程よい暗さがとてもムーディ。
素敵な大人のカップルとか、キャリアウーマンチックな女性2人組みとか...
とてもいい雰囲気の中、早速お料理をチョイス。

演繦とシャンパン.jpg

まずはメニューを選びながら北海道から届いた生牡蠣シャンパンをいただきました。
ちょっとお行儀悪いかな?!

そして、選んだお料理は...
続きを読む
posted by さおりん at 22:38| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | レストラン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

パネトーネ!

パネトーネ2種類.JPG

イタリアのミラノが発祥の地とされるこのパン。
今ではXmasになるとドイツのシュトーレンと一緒に
パン屋さんなどに並びますね。

パネトーネとは、当時イタリアのトニーという菓子職人が、
あるパーティで焼いたこのパンが好評で
その名が付けられたと言われています。
「パン・デ・トニー」(トニーのパン)→「パネトーネ」?!

ただ“パネ”は“パン”“トーネ”は“大きい”という意味とも言われ、
語源はなにが確かなのかはよく分からないらしいです。


さてこのパネトーネ。
私は初めて焼いたのですが、
卵やバター、お砂糖たっぷりの生地に
ドライフルーツやホワイトチョコが入ったとてもリッチな発酵パン菓子。
レーズンは赤ワインに漬けたものを入れ、さらにオレンジピールを加えます。

パネトーネクグロフ.JPG


パネローネ型.JPG

今回は2種類の型で焼き上げました。
1つはクグロフ型
もう1つはいわゆるパネトーネ用のカップで。
やっぱりパネトーネ型の方がそれらしいかな?!
伸び具合もぴったりで、丁度よく顔を出してくれました。
焼きあがったら熱いうちに溶かしバターを塗り、上から粉糖をたっぷり振って出来上がりです。

味は...バターと卵のコクが充分に感じられる、香りの良いパンです。
ドライフルーツの風味もよく、クセがなく、ホワイトチョコの香りが尚甘みを加えてくれて
コックリマッタリです。
Xmasの夜に大勢で、ワイン片手にいただきたい発酵菓子ですねぴかぴか(新しい)
posted by さおりん at 13:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | Sweets | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

食パン3種

笂芽パン.JPG


よく食べる、シンプルなパンと言えば食パンです。
トーストしたパンにバターとジャムをつけていただくのが私の定番!

最近はスーパーで売っている食パンも、とても美味しくなりました。
買ってしまうのは簡単で手軽ですが、
そんな食パンを手作りすると、余計に美味しい気がして、時間があると焼いています。

今日は普通の角食パンを1本
玄米粉&胚芽を混ぜたミニ食パンをそれぞれ1本づつ、計3本焼きました。

ミニ系は2種類の成型で作りましたが、この大きさなら1ロ−ルの成型がふんわりして私は好きです。
(1ロールとは...型の幅で長さを出して伸ばし、手前からクルクル巻いて型に収める成型のことです〜↑写真は胚芽入り〜)

玄米食パン.JPG

ちなみに玄米パンは3つに分けて、それぞれを丸め三ツ山にして焼き上げました。
写真を見れば分かりますね。
こちらだと、生地を一つ一つ別々に丸め、しっかりと締めて成型するので
目は細かいのですが、生地がしっかりしてちょっと弾力が硬め。
しっかりした食感です。

角食パン051202.JPG

そして今日の角食パンで〜す。
いかがでしょう?!
ちょっと浅めに焼き上げました。
バターと甘い香りがふんわり漂います。
毎回、焼き上がりのこれがたまりません...かわいい

明日からの朝食が楽しみです!


posted by さおりん at 00:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 手作りパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

ペンネラザニア?!

ペンネラザニア.JPG


久しぶりに簡単お料理しました。

缶詰めのミートソースを発見。
さらにペンネがあるので、
これらを使ってペンネラザニア

ペンネを茹で、ホワイトソースを作り、
冷蔵庫にブロックベーコン、シメジ、スモークチーズがあったので
それらを軽く炒めて塩コショウ。そしてホワイトソースに加え準備OK!

グラタン皿にバターを軽く塗り、ホワイトソースを薄く塗ります。
ペンネ→ミートソース→ホワイトソース...を3回ほどくり返し、
最後にとろけるチーズと粉チーズを振って焼き上げます。

220度で20分ほどで完成!

ペンネとりわけ.JPG

こんな感じです。
美味しそうでしょ?!

ミートソースが少ししょっぱいので
ペンネを茹でる時の塩加減を控えた方がいいかも
自分でトマトソースを作るときは
普通に塩味をつけてOKです。

ホワイトソースが入る分、トマトの酸味がマイルドになるので
丁度いい感じですよ。

ポトフ.JPG

もう一品は、ポトフ
たくさんのお野菜が摂れるので、
これからの季節は良くいただきます。
暖まるし、美味しいし、簡単だし!

お野菜を大きめにカットして、軽く炒めた後に
鶏がらでもコンソメでもブイヨンでも、お好きなスープを加えて煮込むだけです。
(キャベツや玉葱、ソーセージなどは炒めないでね)

野菜の甘みが充分にでて、さっぱりしたポトフ。
最高ですね。


これで風邪も治るかしら...かわいい


posted by さおりん at 21:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

『大停電の夜に』

20050917002fl00002viewrsz150x.jpg

街はXmasイルミネーションでキラキラしていますね。
今年はどのイルミネーションを観にこうか、考えるだけでもワクワクします。

今日はこの季節にぴったりの映画を観に行きました。

たまたまTVで見たCMでちょっと気になっていた映画。
前に見た『ラブアクチュアリー』の邦画版という感じらしいので
楽しみでした。
ラブアクチュアリーは凄く暖かい映画で、観た後の何とも言えない感覚?感情?
とても心地よかった事を思い出します。

いつも映画は横浜が多いのですが、今回は珍しく渋谷で。
お休みの日でもないのに、渋谷は常に混んでます...

さて、内容ですが、
Xmasイヴ、東京が原因不明の大停電になってしまいます。

あ、サンタさんの仕業なのですが...

そのとき、人々はそれぞれいろんな状況にあって、いくつかのその時間の流れを
交互に追って行くのですが、
どれも凄くあたり前の状況で、自然に画かれているので
そこに自分がいてもおかしくない感じ。
物語っぽいと言えば、人はみんな繋がっているんだな...と思わせるところ。
すべてがみんな繋がっているわけではないけれど、
あながち間違いではないのかもと思ったりして。

トヨエツは相変わらず演技派だし、
原田とも世と田口トモロヲの会話の場面は
凄く意味のある内容だったり。
吉川晃司も意外と演技が上手でびっくり。
寺島しのぶの演技はさすが!と思わせるものがあって。←偉そう...すみません。
停電という設定なので、映像のほとんどがキャンドルの灯りで、雰囲気があり、
とても幻想的でキレイで、ロマンチックでした。
凄く癒されます。

やはり『ラブアクチュアリー』のように、心地よく、良い気分にしてくれる映画でした。


posted by さおりん at 20:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

懐かしい風邪デート

高麗亭看板

風邪をひきました。
だいたいこの時期に必ず風邪をひく私。
やっぱり...と言う感じです。

そんな私の風邪ひきデート
ダーリンオススメの“焼肉&マッサージ”が定番です。

渋谷にある『高麗亭』と言う焼肉やさんへ行き、
ユッケ・レバ刺し・にんにく・お肉...と一通りいただき
最後に参鶏湯
体がポカポカになって、栄養万点。




実は私、生肉がいただけなかったのですが
このお店で初めて食べられるようになりました。
甘いんです!!
お肉がトロトロで、全然臭みがなくて、甘いの。
ご飯にかけて食べたい...と、普通に思うほどです。




続きを読む
posted by さおりん at 19:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レストラン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

何度目?のアップルパイ

SAO作アップルパイ.JPG


しつこいくらいに作っているアップルパイ。
今回はカスタードクリームがあったので
それを敷いてからアップルをのせ焼き上げました。

カスタードは潰れちゃってよく分からないかな?!

SAOアップル切り口2.JPG

りんごの甘酸っぱさの中に、コックリ甘いカスタードがマイルド
酸味と甘みが調和してとても深みのあるリッチ味!
好きな味です。

実は私、アップルパイがあまり好きではなかったのですが
自分で作るようになってから、自分の好みの味にしたりして食べられるようになりました。

ちなみにレーズンやシナモンも、パン作りをして食べられるように...

大人になってから克服できた食材が結構あります。
そういう意味でも、手作りの大切さが覗えますよね。


そうそう、このごろ作っているアップルパイの生地は
ちゃんとバターを折り込んで作っているので、
焼き上がりはこんなにふっくら、ボリュームしっかりです。
美味しそうでしょ?!

もうアップルパイのアップはないかな...アハハ。


posted by さおりん at 21:57| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | Sweets | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

『末広』の味噌ラーメン

味噌ラーメンの....JPG

素敵な美術館デートを終え、
ランチにやってきたのはこちら。

東陽町にある味噌ラーメンが異常に美味しい
ダーリンオススメの『末広』。

表通りからちょっと入った住宅地にあるこのお店。
モダンな中華料理屋さんです。

11時半頃に入ると、もうほとんど満席。

みんな何時から食べてるの?!

私たちで満席になりました。
ラッキー!

店はビルの2Fにあり、席数はザッと25〜30席と言う感じ。
合い席はあたり前で、二人で来たお客さんに

>「背中合わせで合い席どうぞ...」。

は?!

難しい案内の仕方に戸惑いながら
注文したのはもちろん味噌ラーメン。
お客さんの98%は味噌ラーメンを食べています。

期待出来そう!

お客さんが協力的だったり親切だったり、
下町のお店の雰囲気を感じながら待っていると
やってきました。
私の味噌ラーメン。

「早く、スープ飲んでみて!」

とダーリンがせかすのでひと口...



そう。甘いんです。
今までの味噌ラーメンを覆す味。
甘さの中にピリッ感があり、
クセになる意味がわかる気がします。
白味噌仕立てで、たっぷりのもやしと炒めた挽肉が乗っています。

麺は細くて弾力のある麺。
香りがあって、私的にはとても好きな麺です。
スープを飲みながら、すすりながら、
どんどん食べていったのですが、
なかなか減りません。
もやしが麺と同じくらい入っているので
麺なのかもやしなのか分からなくなって...
どうももやしを一生懸命食べていたようです。

濃い味が好きな私には、
初め、ちょっと物足りない味付けかな?!と思いましたが
最後まで食べていくと丁度いい味付けになり、完食。
病み付きになるのが分かりました。
たまに感じる、ほんのりガーリックもそそられます。

ダーリンは週に2回くらい食べていたらしいです。

私が食べている間も、何人もの人が入れ替わり立ち替わり入ってきますが
やっぱりほとんどの人が味噌ラーメンを注文。

私の知らない美味しいもの、まだまだたくさんあります。
どんどん制覇していかないと!

サッといただいてすぐに退席。
帰りの階段には人が溢れていました。
20名は待っていたかな?!
恐るべし、味噌ラーメン...


※あ、動画の“半ライス付き”は私ではなくダーリンの分です。


■末広■

東京都江東区東陽4-8-6
03-3647-5388
posted by さおりん at 22:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | レストラン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。