2006年02月06日

バニラ&ホワイトチョコチップマフィン

バニラ&ホワイトチョコマフィン.JPG

最近ハマってまるマフィン作り。
結構上手く焼けたかな・・・
バニラビーンズをグラニュー糖とあわせて作る
バニラシュガーを使います。
更にバニラエッセンスもしっかり。
おまけにホワイトチョコチップもたっぷり!
マイルドな甘さで幸せな味がします。
posted by さおりん at 21:56| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Sweets | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

すごく大きなイチゴ

巨大イチゴちゃん.JPG

パパがもらってきたイチゴ。
帰ってくるなり、キッチンになにやら大きな箱を持ってきて

「これはすごいぞ!この時期に千葉のココでしか取れないイチゴらしい...」

と箱を開けてみてびっくり!

すごく美味しそうな真っ赤なイチゴがスポンジのクッションにそっと乗っていて
丁寧に1つ1つの間に余裕を持たせてある。
千葉県山武郡芝山町にある宮内莓園で販売しているものらしい。

いやぁん、美味しそう〜!
それにしてもすごく大きい...
何これ?!お化けイチゴ?!

大きさをお伝えするべく、いろいろ撮ってみたけれど
大きさ分かるかな?

いちごサイズ比較.JPG

掌イチゴ.JPG


こんな大きなイチゴは初めて(だったかな?2回目かな?)
どんな食材も、大き過ぎるのは大味で美味しくない
というイメージなので、あまり進みませんでしたが、
せっかくなのでひと口。

意外にも
すごく甘くて美味しい!!
瑞々しい...
それもこのイチゴの特徴らしいです。

大きくて形も悪くなく、甘くて美味しい。
一度で一気に3粒分楽しめるイチゴ。

ビタミンCも豊富なので美肌にも良いし、このイチゴったら一石何鳥?


■宮内莓園■

千葉県山武郡芝山町小池2756
直売所:090-2178-2878
posted by さおりん at 21:25| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | Sweets | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

エダム&スモーク

エダム&スモーク.JPG

新しいオーブンにしてから
どんどんパンを焼こう!と思っていたのに、
なかなか気分が乗らず...
購入してから1週間、やっとエンジンかかってきました。

というわけで、昨日今日と2日間で4種類焼きました。

昨日はチーズを使ってライ麦粉入りのパンと、
バターロールを。(写真はなし)
さすがコンベンション。
均一に熱風が行き渡り、焼き色も焼き加減も
とてもキレイに出来あがりました。
バターロールは卵を塗ってあるので尚の事キラキラぴかぴか。
なんだかパンじゃないみたい☆

焼き上がりが美しいと、凄く楽しくなってきます。

そして今日はこちら。
エダムチーズと大好きなスモークチーズが残っていて
早く使ってしまわないといけなかったので、
以前PAULで買ってきたパンを思い出して
作ってみました。

生地はフランスパンの生地。
それを麺棒で薄く伸ばし、
エダムチーズとスモークチーズを粗みじんにし混ぜ合わせ乗せて半分にサンド。
もう一度麺棒で伸ばして最終発酵。
オーブンへ入れる前にさらに上からチーズをたっぷりかけ
しっかり焼き上げます。

焼き上がりはこんがりエダムチーズがオレンジ色になればOK!

エダム&スモーク中身.JPG

中のチーズもこんな感じにとろけて
ちょっと塩分強めのおつまみパンの出来上がり!
ワインと相性良さそうです。

もう少しふんわりした生地にして、
同じ容量で甘いデザートパンも作れそう。
久々にやる気が出てきたので
また試作もいろいろしてみようかな?!

それから、試し焼きに山型パンも作りました。

山型2006.1.21.JPG

焼き色、焼き加減ともかなりいい感じ。
ふんわりした中身は、今まで作った中で最高の出来!
ママも大絶賛してくれました。
ママの意見が一番厳しいので、こういう評価はかなり嬉しい
焼きたての湯気が上がるパンの試食は凄く贅沢な感じ。
これが止められないので、いつまでも痩せられません..トホ。



posted by さおりん at 15:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 手作りパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

『スープパン教室』開催します!

毎年この時期に開催しているスープパン教室
今年も2月に行うことになりました。

2006年のスープは...

【たっぷり野菜のミネストローネ トマトポタージュ風】

トマトinパン.JPG

ライ麦粉の入ったハード系のパンをくり抜き
その中に根菜、野菜、ブロックベーコンなど、たっぷりの具を煮込んだミネストローネを
注ぎ、ナチュラルチーズ、パセリで飾り付けをして召し上がっていただきます。
ボリュームも栄養も満点のスープパンです。

もう一品は

【かぼちゃと小豆のポタージュスープ】

かぼちゃ小豆スープinパン.JPG

まさにかぼちゃ!というスープ。
コッテリコク甘スープです。
自然の甘さにクリームを加え、さらに甘く煮た小豆まで加えてしまいます。
後に残らない甘さとコクが、冷えた身体を暖めてくれます。
ほうれん草を使ったかぼちゃパンも可愛いでしょ?!
おもてなしに最適です。


このブログのタイトルのように、
パンとお料理を合わせて1つの作品?を作り出すのは
結構面白い。
だから、スープパンのスープとパンを考えるのも結構楽しい。
パンに限っては、私の理想を伝えるだけなんだけれど、
今回のかぼちゃパンは最高に可愛いモノを作ってもらいました。
(パンは私の先生が作ってくださるので...)

という事で、かなりオススメのスープパン教室開催です。


パン教室ソレイユ

横浜市都筑区茅ヶ崎中央26-25ラフィネ ブラン2階
TEL&FAX 045-945-0160
posted by さおりん at 21:15| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(1) | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

Cafe Douce Ebisu 

恵比寿Cafe看板.JPG

隠れ家的なCafeを発見。

恵比寿の住宅街にあるとある一軒のお家。
普通に住宅の中の一軒がCafeなんです。
恵比寿は駅の近くってちょっと坂になっています。
わりと急な坂?山?なのだけど、
住宅が結構あって、

「こんな細い坂道にCafeなんてあるの?」

という感じ。
細い坂を登って、路地を入っていくと到着。

恵比寿Cafe入り口.JPG

入り口はその家の玄関の隣にあり、階段を上った2FがCafe。
ちなみに1Fは自宅らしい。
ソファ席(10名くらい座れるかな?)と2人席が3つ。
店内は白とかなり深い焦げ茶で統一され、女性一人でやっている。
とても良い空間で、基本的にはCafe。
ランチは日替わりで、プレートとパスタとキッシュの3種類。
どれも美味しいという評判。
あとはSweets(焼き菓子が主)がいくつかあるみたい。
可愛いオーブンが置いてあって、かなり気になった。

恵比寿Cafeトマトジュース.JPG

今日はトマトジュースりんごジュースをいただきました。
マッタリできる隠れ家Cafeは貴重。
しかも駅から近いので使えそうです。
夜は8時までしかやっていないので、ランチ&3時のおやつ使用ね!



■Cafe Douce Ebisu■

渋谷区恵比寿4-5-5
03-3473-5079

posted by さおりん at 22:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | レストラン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

Detox Stone Spaで岩盤浴

img_04.jpg

2回目の岩盤浴へ行ってきました。
今回は恵比寿。
90分で2200円というとてもリーズナブルなお店を発見。
まだオープンして間もないということもあり、
とてもキレイなお店です。

早速着替えて岩盤Spaルームへ。
前回のお店よりもかなり暑い感じ。
うつ伏せになるなり、早速顔面汗。
もの凄いスピードで汗が出てきます。
怖いくらい...
思わずお水をたっぷり飲み、ゆっくり腹式呼吸。
この腹式呼吸がダイエットにも良いのです!

うつ伏せ5分、あお向け10分、ゼーハーゼーハーしながら休憩ルームへ。
かなりしっかり汗。間違いなく前回より凄い。
ボーっとする間もなく2セット目。
だんだん辛くなってきます。
15分入るのがやっと...という感じ。
またまたたっぷり水分を補給し、最後の15分。

ふぅ〜。終わった...

やっぱり私は顔が真っ赤になる。

この状態でお洋服に着替えるのはかなりしんどいのですが、
頑張って着替えます。

忠告;ジーパンとかタートルとか、タイツは避けたほうが良いです。

顔の汗が引くのを待ち、お化粧直し(本来はノーメークで入ります)。
そして落ち着いたところで外にでました。
冬の外はやっぱり寒く、一瞬にして真っ赤な顔も元通り。

これだけ新陳代謝が良くなった日は
1つ手前の駅で電車を降りて、30紛歩いて帰ります。
家に着いたときはほんのり汗。
これで痩せられるかしら。

次回はいつ行こうかな〜。


Detox Stone Spa

東京都渋谷区恵比寿1−11−2 SATOビル2F
03-3444-7440
AM10:00〜AM4:00


posted by さおりん at 21:56| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(2) | 癒し系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

恵比寿ハンバーグ@WESTIN東京

恵比寿ハンバーグ.JPG

恵比寿のWESTINホテル東京22Fにある
鉄板焼き『恵比寿』はとても美味しいと聞きました。

ランチなら私のお小遣いでも食べられるかしら?!と
今日は友人のS子ちゃんとちょっとリッチなランチをいただきました。

平日のランチは、リーズナブルで美味しい鉄板焼きメニューがあります。
その中でもかなり気になる“恵比寿ハンバーグ”をチョイス。
国産和牛100%のハンバーグ。限定10食。

早速鉄板で焼いていただきます。

「焼き方はいかがになさいますか?!」

ハンバーグにも焼き具合を聞いていただけるなんて
ちょっと戸惑いましたが、
シェフにお任せします...と言うことで
ミディアムレアで。
S子はレア。
ハンバーグのレアってどんな感じ?!

そしてソースはシンプルにポン酢。
ちなみに洋風ソースはフォンドボー仕立てのデミグラス風。

早速いただきます。
表面はしっかり焼きあがっているのですが、中はジュワ〜っと半生。
赤いお肉が見えます。

まずはそのままなにも付けずにひと口。
肉汁タップリ、ジューシーで風味がとても良い。
香ばしい中にお肉の味。お肉の味を感じるハンバーグってなかなか無いかも!
ミディアムレアのハンバーグ、バンザ〜イ!という感じ。

次にポン酢に付けていただきます。
やはり酢が強くてお肉の風味はちょっと消えてしまいます。
なんだかもったいない気も。

そして、もう1つ胡麻ダレがありました。
これが...最高に美味しいタレで、病み付きになりました。
白胡麻におろしたオニオン、ガーリック、お醤油と出汁かな?!
ハンバーグをつけてもお野菜をつけても、何にも合うスーパーソースです。
オニオンの苦味とガーリックの香りで、どんどんお箸が進みます。

あっという間にハンバーグ完食。

ハンバーグ御膳.JPG

これにサラダとお食事、お味噌汁、お漬物がつき、
その後デザートとCafeが。

鉄板焼き特有のデザートは別のお部屋で。
個室が空いているので、そちらでいただきました。

柚子風味のヨーグルトシャーベット

柚子シャーベット.JPG

ほんのり柚子がとても上品で美味しいシャーベットでした。
その後、カプチーノもつき、ソファでのんびりゆっくりしてしまいました。
たっぷり2時間の優雅ランチ。
たまにはこんなランチもいいかも!


途中、ちょっとだけ陽も出て、景色もキレイでした。



鉄板焼き 恵比寿

〒153-8580 東京都目黒区三田1-4-1(恵比寿ガーデンプレイス内)
TEL:03-5423-7000

posted by さおりん at 21:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | レストラン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

NEWオーブンGET

プチフランス.JPG

前から欲しかったオーブンを購入

家庭用オーブンの中で最も火力の強いものを...と
こちらと同じタイプにしました。

そして早速フランスパンを焼いてみました。
が、プチフランスのみ写真をのせます。
理由はまぁ...

プチパンの中には、お汁粉にしたときの残りのあずき
クリームチーズを入れた2種類。

焼き上がりをいただきましたが、全然味が違います。
オーブンでこんなにも味が変わるの?!というくらい、
美味しく出来上がりました。
表面のパリパリ感や、内側のモチモチ感。
香りもそうだし、焼き上がりの色も良い。

形はともかく、もう少しいろいろ焼いてみて、
研究しながら自分の味を作り上げていきたいな。

posted by さおりん at 18:02| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 手作りパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

ショコラネーゼに逢う。

炭焼きチョコビター.JPG

お世話になっている素敵な社長さんからのご紹介で
ショコラネーゼといわれる可愛らしい女性に逢った。

初めて聞いたショコラネーゼ。
チョコレートのことは何でも知っている、それだけではなく
美味しいチョコレートの追求や研究を日々されているようで
たくさんのチョコを食していらっしゃるとのこと。
太りそう...でも楽しそ!

今回なぜお逢いしたのかというと、
彼女の勤める某有名老舗製菓会社で開発された
バレンタイン用のチョコレートの試食会に招かれたからです。
あ、素敵な社長さんの会社のスタッフの方々と一緒にうかがいました。
ありがとうございます。

場所は銀座の素敵なティールーム。

早速チョコレートの内容を...

まずはこちら。

『炭焼きチョコレート 板チョコ』

炭焼きチョコロゴ.JPG

チョコが炭焼き?!
これが特徴です。
普通カカオはローストされてクーベルチュールとして
高級チョコとなって輸入されてきます。
ところがこの炭焼きチョコ、カカオを丹念にゆっくりと時間をかけて炭で焼き
余計な脂やエグミを落とし、チョコレートにしているのです。
独自製法です。
それも大量ではなく少量づつ...


そうすることで“コクがあるのにキレがある”チョコレートが出来上がります。

そして炭焼きにする事で遠赤効果があり、カカオの中心までしっかり熱が入る。
さらに余分な油は落とし、必要なものだけを内側でしっかりガードするのでしょう。

今までのチョコレートは後味に必ずチョコレートの甘ったるさやカカオの風味、
コッテリ感が残ってしまって、なにかを飲まないと次へ進めない..という感じですが
このチョコは違う!
チョコが口のなかで溶けるのとほぼ同時に、サラッとなくなってしまいます。
後味スッキリ、食べたのを忘れてしまうほどアッサリなので
ついもう1つ...と手が出ちゃいます。

可愛いパッケージを開くと
中のチョコレートには炭の断面を模ったロゴが。
これもなんだか可愛い。

サイズも食べやすく、気が付くと食べ過ぎちゃうかも。
バレンタインに貰ったメンズは気を付けて!

次はこのチョコレートをベースに生チョコ登場!






posted by さおりん at 20:00| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | Sweets | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショコラネーゼ試食会 2

さて、次のチョコレートはこちら!

『生チョコ 炭風』 
(ごめんなさい、ちゃんとした名前忘れちゃいました...)

炭焼き生チョコ.JPG

先ほどの板チョコをベースに作られた生チョコです。

これは私が最も感動したデザインのチョコレート。
真っ黒にコーティングされた細長い生チョコ。

生チョコといえば、石畳風にキレイにカットされた四角だったり
丸だったり。
でもこのお店はあえて炭のイメージでこの形。
このチョコレート用に、特別なカッターも作ったそうです。
そして、炭を思わせる真っ黒いココアパウダー。
こういう演出、凄く好き。

お皿に盛り付けるのもあえてシンプルに、
格好良くテーブルに飾れそう。

もちろん味は先ほどの板チョコと同様、
サラッと口の中から溶けてなくなってしまいます。
生チョコなので生クリームが入っているのですが
その後味も、変なコクも残らず。
やっぱり不思議です。


続いてこちら。
デザートチョコレートです。

カシスのゼリーを生チョコでサンドした商品。

カシス生チョコ.JPG

カシスの赤い色が見えないのがちょっと残念ですが
これまたとてもカシス...な生チョコです。
口に入れると、まず生チョコ。何度か噛んでも生チョコ...。
チョコがスルッと溶けて口からなくなる寸前、
カシスの風味がふんわり口の中に広がります。
もう少し酸味が強くても、私は好きかも。

これは、赤ワインやシャンパンにとても合いそうなチョコレートです。
大人っぽい感じかな?!


もう1つは柚子

柚子生チョコ.JPG

これは透かして見るとキレイに柚子色のゼリーが。
カシスと同じで、最後にフワッと柚子の香り。
後味は柚子です。
これはもう和菓子です。
渋いお抹茶と合わせても良さそうです。

ありそうで無かった生チョコゼリーサンド。
開発者側もデザートチョコとして提案するようですが
お食事の後に、マッタリと生チョコサンドとワインで素敵な時間を過ごしたい...
そんな気分ですね。

posted by さおりん at 19:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Sweets | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。