2006年04月01日

お花見ランチ

家前桜.JPG

家の前の公園にある桜の大木も花が満開。

という事で、我家のテラスからその桜を眺めつつ
甥っ子とピクニック風ランチ。
さっと作ったサンドイッチと、私のお気に入りTea“TEEJ”のアールグレイで
のんびりやってくる春の訪れを感じながら、その時間を楽しむ。

呑気で穏やかでとても良い...


posted by さおりん at 16:30| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 癒し系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

横浜で桜

お花見@鶴見.JPG

お天気の良い今日、
甥っ子と一緒にお花見へ。

こんな立派な桜の木を発見して大喜び...な私。

花の命は短いので、じっくり堪能!



posted by さおりん at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

Detox Stone Spaで岩盤浴

img_04.jpg

2回目の岩盤浴へ行ってきました。
今回は恵比寿。
90分で2200円というとてもリーズナブルなお店を発見。
まだオープンして間もないということもあり、
とてもキレイなお店です。

早速着替えて岩盤Spaルームへ。
前回のお店よりもかなり暑い感じ。
うつ伏せになるなり、早速顔面汗。
もの凄いスピードで汗が出てきます。
怖いくらい...
思わずお水をたっぷり飲み、ゆっくり腹式呼吸。
この腹式呼吸がダイエットにも良いのです!

うつ伏せ5分、あお向け10分、ゼーハーゼーハーしながら休憩ルームへ。
かなりしっかり汗。間違いなく前回より凄い。
ボーっとする間もなく2セット目。
だんだん辛くなってきます。
15分入るのがやっと...という感じ。
またまたたっぷり水分を補給し、最後の15分。

ふぅ〜。終わった...

やっぱり私は顔が真っ赤になる。

この状態でお洋服に着替えるのはかなりしんどいのですが、
頑張って着替えます。

忠告;ジーパンとかタートルとか、タイツは避けたほうが良いです。

顔の汗が引くのを待ち、お化粧直し(本来はノーメークで入ります)。
そして落ち着いたところで外にでました。
冬の外はやっぱり寒く、一瞬にして真っ赤な顔も元通り。

これだけ新陳代謝が良くなった日は
1つ手前の駅で電車を降りて、30紛歩いて帰ります。
家に着いたときはほんのり汗。
これで痩せられるかしら。

次回はいつ行こうかな〜。


Detox Stone Spa

東京都渋谷区恵比寿1−11−2 SATOビル2F
03-3444-7440
AM10:00〜AM4:00


posted by さおりん at 21:56| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(2) | 癒し系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

“岩盤浴”で癒し補給?!

年末はいつものマッサージ屋さんに行き、リフレ&ヘッドマッサージを受け
年明けは岩盤浴に行く...。
今年は“癒し”をテーマにしようかな?

岩盤浴、最近とても流行っていますが、
サウナが苦手は私にはどうだろう?

このお店はとてもきれい。
渋谷東急本店前にあるVIRONの上にあります。
白とダークブラウンを基調にした店内は
清潔感たっぷり。

早速受付をして中へ...

更衣室、シャワールーム、パウダールームが備わり
とても良心的。
まずは甚平さんみたいな衣装に着替えます。
そしてフェイスタオルと岩盤の上に敷くタオルを持って
その癒しルームへ。

扉を開けた瞬間のモワッという熱い空気は
サウナに入るときと似ています。
でもそのときだけで、そのうち心地よい熱風に。

薄暗い癒しルーム内は、穏やかな音が流れ
早速タオルを敷いてまずはうつ伏せで5分。
その後あお向けで10分。
5分休憩をして、今度は好きな様に15分。
休憩を入れてまた15分。
3セットで終了。(時間的にもそれくらいが限度)

感じとしては、真夏の暑い日に日光浴をしている...もしくは
海辺で日焼け...そんな暑さです。
ジワジワ、しっかり汗をかき終了。

シャワーを浴びてもいいのですが、
この汗は普通にかく汗とは違い、匂わない汗で、
さらに保湿効果のあるオイルと同じ働きをするので
そのままタオルで拭くだけでOK!

体中、ポカポカです。
温泉にしっかり浸かって上がってきた子供のように真っ赤なほっぺ。
軽くお化粧を直し、受付に戻りました。
そこで出されるのは暖かいお茶。
このポカポカな体に真っ赤な顔で暖かいお茶を...と思いますが
以外とそれが体にジワァ〜っと染み渡りいい感じです。

店に入ってから出るまで80分で3000円。(平日17時までに入った場合ね)
リーズナブルで癒されて、健康になれたら言うことなし!です。

今度はほぼノーメークで行って、本気で汗かいてきます!


TERRA 渋谷店

渋谷区宇田川町33-8 塚田ビル8F
03-3477-5477


posted by さおりん at 18:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

毎年恒例 年末は第九!

毎年この時期に聴きに行きます。
いつもは横浜みなとみらいホールで行われる
レニングラード交響楽団を聴きに行くのですが、
今年は東京フィル(定期演奏会に行っていることもあり)を聴いてみよう!と
渋谷のBunkamuraオーチャードホールへ。

場所柄、若い人達が多かったように思えます。
それだけでも今までとは違った雰囲気で、なんだかワクワクします。

さて、今回は夜の公演だったので
開演前にシャンパンで乾杯しました。
そのときに、ダーリンに味見をしてもらおうと持ってきた
シュトーレンを試食。

なんとダーリン、持ってきたシュトーレンを1本食べきってしまいました。
凄い!
美味しいと絶賛してくれたので、ホッと安心。
それにしても...嬉しいようなちょっと心配なような...。
しばらくはラム酒の香りに包まれていたようです。

さて、今回の『第九』 指揮:下野竜也氏の演奏。
とても優しく穏やかな『第九』でした。
全体的に、もう少しパンチのあるほうが、私は好きかな?!

席も少し前よりだったせいか、楽器の音色がバラバラに聞こえてしまい、
なんとなくあやふやな印象でした。
オーチャードホールが奥行きのある会場なので
そのせいもあったのかな?!

ただ、合唱はとても上手で、メリハリのある歌声が素晴らしかった。
終始鳥肌でした。感動!!
ドイツ語で歌えるまでになりたいものです...

私は第3楽章が凄く好きで
穏やかな気分になれます。
毎年12月になると
私の車の中では小澤征二さんの『第九』が常に流れています。
それも大音量で...
『喜びの歌』と言われる第4楽章は特に
歌詞の分かるところは自分でも熱唱しながら運転したりして。
ちょっと怖い?!

これも毎年変わらずに続いていくデートです。


来年も素敵な音楽と豊な環境に囲まれて
自分磨きに一層力を注いでいきたいと思う
2005☆年末です。アハハ。


posted by さおりん at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

発表会とパスタランチ

きのこと野菜のトマトパスタ.JPG

甥っ子が某有名チャイルドアカデミーに通っています。
その教室の発表会があったので観に行ってきました。

小さな子供たちが松尾芭蕉の俳句や枕草子を暗唱したり、
英語の歌を歌ったり、大人の私でも言えないような言葉を
すらすらと発表していました。

英語はともかく、日本人としてきちんとした日本語を勉強するのは
とてもいいことだと思う反面、時代の違いを感じてしまいました。

それにしてもみんな小さくて可愛い。
おもちゃのプレゼントには目を丸くして一生懸命探します。
その姿はやっぱり子供で、可愛い。


その後、一生懸命頑張った彼と
行き付けのパスタハウスでランチを。

インゲンとアスパラカルボ.JPG

私はきのこと野菜のトマトパスタ
甥っ子はインゲンとアスパラのカルボナーラを。

トマト系はわりとあっさりしていて、
私的にはもうすこしコクが欲しかったかな?
逆にカルボナーラはかなりコッテリ。
インゲンの香りが充分に出て、珍しいカルボナーラの味つけでした。
もちろんとても美味しい。
ただ、子供サイズだから食べられたけれど、
大人サイズではちょっと厳しいコクかな?

ランチははじめてだったのですが、この日も満席で大繁盛。
ディナーのXmas料理の仕込みのために、パスタランチのみだったのがちょっと残念。
普通の日にランチをいただきに、もう一度行かなくちゃ!



R1

大田区田園調布 3−25−2
03−3722−2789




posted by さおりん at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

11月定期演奏会@サントリーホール

カラヤンツリー.JPG

2ヶ月ぶりの定期演奏会です。
先月は海外公演のためお休みだった東京フィルの演奏会。
月1回ペースに慣れてしまったせいか、
随分時間が経ってしまった気がします。

カラヤン広場にはとてもキレイなXmasツリーが...
もう街はXmas色いっぱいです。

パン@オーバカナル.JPG

今日も演奏会の前にちょっとだけ腹ごなし。
定番のオーバカナルのパンです。

・焼きたてPizza
・ブリオッシュ アーモンドクリーム包み
・ハート型パイ


懐かしい味のPizzaパンや、コッテリマイルドな甘みしっかりのブリオッシュ。
しっとりモチモチにクッキー生地がサクサクとして、食感を飽きさせません。

コンサートが終わってから、ちゃんとご飯いただくんですけどね…


さて、今回の曲は

○チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品35 
○シェスタコーヴィチ:交響曲第5番ニ短調 作品47『革命』


どちらも指揮は チョン・ミョンフン

彼の指揮は今回で2回目です。
とても柔らかい指揮なのに、音はメリハリのある、生きているような音を引き出すのが上手い...
そんな感じの指揮です。
(実に生意気な発言)

そして今回、もう1人スペシャルゲスト。
ヴァイオリニストの庄司紗矢香さん。
まだ20代前半くらいの、若くて可愛らしい女性が奏でるヴァイオリンは
凄いものがあります。
それもそのはず。
ヴィエニアフスキ国際コンクール<17歳までの部門>で日本人として初優勝。
これを初め、次々とコンクールで優勝を果たし、記録を作り、世界中から注目を集めるようになったのだとか。

そんなまだまだ若くて可愛らしい姿の彼女、
チョン・ミョンフン氏がタクトを挙げた瞬間、顔がスーッと変わりました。
さすがプロ。一気に緊張感。
多くのオーケストラの人たちをバックに、堂々とした感情的なヴァイオリン演奏。
力強いキレイな音で、身体全体で弾いている姿は
とても立派なヴァイオリニストでした。

チャイコフスキーの協奏曲は、ピアノもヴァイオリンも、その他も(きっと)
一体感が強調され、オーケストラ全体が奏でる音と、単独のヴァイオリンやピアノの音とが
それぞれ素晴らしい演奏をしながら協奏するという、その迫力が大好きです。
一体となったときの優雅な感じが凄く好き。


CDでも、もちろん生演奏でも鳥肌は必ず!身体全体で聴き入ってる自分がいるんですよぉ〜。

今回のこの協奏曲も文句なしの素晴らしい演奏でした。


もう1曲のシェスタコーヴィチ『革命』
何度か聴いたことのあるような、無いような...
いつもの予習CDを聴いて感じていました。

それもそのはず、シェスタコーヴィチの作品の中で最も有名な曲なのだそうです。
初めは悲劇色の濃い、低い弦楽器と高い弦楽器との音が印象に残るかと思うと、
突然兵隊でも行進してきそうな軽快なリズムになり、その変化が突然と訪れるので
びっくりさせられます。
シンバルやティンパニーなどの打楽器がとても印象的で
迫力ある演奏で、ジーッと聴き入ってしまいました。

滑らかに流れのある、優雅とも思える曲のように聴いていましたが、
実はこの曲を作った時代のシェスタコーヴェチは
たくさんの批判の中、常に危機感を持ち続け、時には生命の危機まで恐れていたようです。
だから尚、素晴らしい作品となったのでしょうか。


今回の演奏会は、庄司紗矢香さんチョウ・ミョンフン氏のお陰でとても人が多かったように思います。
そのせいか、会場内もとても暑かった...

ので、ちょっと眠くなりました。

毎回思うことですが、やはり生演奏のクラシックは迫力もあり、癒しもあり、
コンサートが終わるといつも素敵な余韻に浸ってしまいます。

そんな余韻の中、もちろん帰りの車はチャイコフスキーで!

素敵な時間でした・・・

来月は定期演奏会はお休み。
その代わりに、葉加瀬太郎氏のコンサート
年末定番『第九』を聴いてきます。



オーバカナル

港区赤坂 1-12-32 アーク森ビル2F
03-3582-2225
OPEN 10:00〜23:00 日祝10:00〜22:00












posted by さおりん at 23:54| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 癒し系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

東京フィル 定期演奏会9月

2ヶ月ぶりの定期演奏会です。

芸術の秋!らしく(?!)
テンポのある3曲。

・シベリウス:交響詩「四つの伝説」作品22より「レンミンカイネンの帰郷」
・ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18
・ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 作品67「運命」


指揮はミハイル・プレトニョフ
ロシアに生まれた、天才ピアニスト・指揮者・作曲家という多才な彼。
弱冠21歳でチャイコフスキー国際コンクールのゴールド・メダル及び
第1位を獲得。その後、国際的な脚光を浴び
95年にはエリツィン全大統領によって、
ロシア共和国第一国家賞を授与されているという
現在最高ピアニストでもある。

ピアノ演奏はレイフ・オヴェ・アンスネス
1970年生まれの彼は、ノルウェーを代表する音楽家です。
5歳からピアノを始め、今では世界各地の著名なホール・オーケストラ・音楽祭に招かれ
活動を続け、年間100回前後の演奏会を行っているそうです。
2002年にはノルウェーで最も名誉ある勲位の1つ、王国聖オラフ勲章を授与されています。

こんなに素晴らしい音楽家二人の演奏。
素晴らしかったです。

子供の頃から音楽の授業で何度も聴かされてきた『運命』
大人になった今、子供の頃とはまったく違った角度から聴くことができ、
新鮮でした。
指揮者によっても曲想が全然違いますが、
今回の『運命』は優雅で動きがありました。
生演奏の醍醐味も味わえました。
やっぱり生演奏は最高ですね。

ピアノ協奏曲も、大胆なピアノ演奏が素晴らしく、
これだけ弾いてもらえたら、ピアノも嬉しいだろうな・・・なんて
思ったりして。
弱冠オーケストラの音に消され気味でしたが
大迫力で素晴らしかったです。
ドラマや映画のワンシーンで流れている曲です。

協奏曲はピアノとオーケストラが一体となった大音響るんるん
身体全体で感じることが出来るので、気分もスキッとして優雅な気持ちになります。
だから好き黒ハート

曲の感想が逆ですが...
1曲目の“シベリウス”は優しい曲想なので、盛り上がりも優雅です。

スミマセン...その後の2曲がとても印象的だったので
この曲の感想がイマイチ書けません...失礼。


1ヶ月空いてしまっただけで、
身体がオーケストラを欲しているのを感じます。
慣れなのか、自然に癒し効果を身体で感じ取っているのか
自分でもびっくりしてしまいました。

次は来月。
早く聴きに行きたいなぁ〜。

あ、年末の『第九』も予定しなくちゃ!






posted by さおりん at 14:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

台風が去った後の空が好き。

台風一過.JPG

台風11号が夜中に通り過ぎて行きました。

翌日の朝、パン教室に向かう車の中から見えた空がとても幻想的で美しかったので
携帯で撮ってみました。
あまりキレイに撮れなかったけど...
台風が通り過ぎた後の、この空が好きです。
時々見える青空が厚い雲ににじんでとても好き。

空.JPG

パン教室に着いて、デジカメで撮ってみたのですが、
もう青空の割合が多くなってしまい、
太陽がしっかり顔を出していました。
台風一過の今日は、かなり暑くなりそうです...。



posted by さおりん at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

お誕生日に貰ったお花とか...

【お花】

花束.JPG

DSC00713.JPG


【仲良し三人組!】

CIMG1481.JPG

posted by さおりん at 10:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

定期演奏会@サントリーホール

月に一度の
【東京フィル定期演奏会】


今回の曲は
・シェスタコーヴィッチ:ヴァイオリン協奏曲第1番 イ短調作品77
・ドヴォルザーク:交響曲第8番 ト長調作品88


今月はどうしても行きたい演奏会でした。
なぜなら
・チョン・ミョンフンの指揮
・ドヴォルザークの曲

だったから..。

指揮者に関してはまったく詳しくないのだけれど、
彼の名前は良く耳にしていたので、
どんな指揮なのか、どんな曲調?雰囲気の音楽を作りあげるのか
聞いてみたかった。

彼は、東京フィルの音楽監督でもあり、
2002年から東京フィルと一緒に
『子供音楽館』
を始めたとのこと。
子供たちがオーケストラに接する機会を作り活動されている。
自分の出来ることを生かし、子供たちが心豊かになってくれる場を提供出来るのは、
なんて素晴らしいことかしらぴかぴか(新しい)
と改めて思いました。

さて、今回は1曲目ですごいヴァイオリンを聴くことが出来ました。
例によって、ダーリンの予習用CDで聴いていたのでどんなに大変なのかはなんとなく分かっていたものの、すごい。
ヴァイオリンは樫本大進さん。
まだ26歳くらいです。
その彼が、とんでもないヴァイオリンを披露。
すごく上手でした。
1722年製のストラディヴァリ「ジュピター」での演奏。
楽器の事は良く分かりませんが、多分何億もしちゃうヴァイオリンでしょう。
それくらいの情報は聞いたことがあります。
素晴らしい才能と音色でした。

そして、ドヴォルザークです。
とても好きな曲。
1楽章から4楽章まで、どれも皆好きな雰囲気。
CDで聴いていた感じとはまったく違います。
それが指揮者のせいでもあり、生演奏のせいでもあり...
メリハリのあるチョン・ミョンフンの指揮は、
流れるような部分と、はっきり聴かせる部分の差がとても良く出ていて
聴いている側にその曲以上の抑揚が伝わってきます。
だから、一緒に舞台にいるみたいな感じ。

それぞれの楽器の音色も素晴らしかった。
中でもトランペットの音は最高でした。
澄んだ力のある音。
あんな音、どうしたら出せるのだろう...
(あ、中学のころトランペット吹いていたので...)

夏の夜のクラシックコンサートは
いろんな意味で力をくれました。
こんな夏バテ解消法も良いかもしれません。


次回は9月です。
(2ヶ月お休みか...)

posted by さおりん at 11:26| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 癒し系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

梅観賞@偕楽園

梅.jpg


今季2回目の梅観賞に

偕楽園@水戸

まで行ってきました〜ダッシュ(走り出すさま)

東京から2時間くらいのドライブで行かれるの!結構近い。
常磐道はさっぱりとした面白みの無い道なのでちょっと退屈だけど...あせあせ(飛び散る汗)

偕楽園には100種類の梅が咲き誇る大きな庭園で、それは見事。
まだ5分咲き?くらいだったけど、
白・薄いピンク・深いピンクと三色の梅が可愛らしく一生懸命に咲いていたよ。
是非観に行ってみてね。




梅のパンに使う青梅とか売ってるのかしら?
と思って売店のおばちゃんに聞いてみたら

「それはないねぇ〜」だってどんっ(衝撃)

うちのママは何処から仕入れてくるんだ?!
今年は少しおこぼれを貰って、甘露煮を作るんだ!
それをゆかりを練りこんだパン生地の中に入れて

“梅アンパン”を作るんだぁ〜かわいい


高校生カップルが手を繋いで梅のしたでデートしていたのは
ほのぼのとしていて可愛らしかったな...黒ハート
posted by さおりん at 18:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 癒し系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月22日

日本一といわれるイルミネーション!



今日はダーリンと御殿場までドライブ!

“時之栖 イルミネーション(2004歓喜)”       

観てきました〜目。     
もぉ〜圧巻。
すごいexclamation&questionキレイぴかぴか(新しい)長いあせあせ(飛び散る汗)

この時期にイルミネーション?なんて思うでしょ?
確かにサンタさんが居たり、トナカイさんが居たり、
それはそれはクリスマス?な雰囲気でもあるのですが、
それでもこの電飾のアーチは素晴らしい。
長さ340m、高さ2.5mの光のトンネル。

大好きな人と一緒に是非歩いて欲しい黒ハート
二人が寄り添えるように、気温もかなり低めです!たらーっ(汗)

トンネル以外にも、レストランは電飾で縁取られ庭にいるトナカイやサンタ、雪の結晶などもキラキラ輝いている。
17:30〜21:00まで点灯ひらめき
今月一杯なので急がないと終わっちゃうけどきっと来年もやってると思うよ!
土日はかなり混むようだから、平日の早い時間が穴場かも!

まさかこんな美しいイルミネーションが御殿場にあったなんて...ぴかぴか(新しい)
posted by さおりん at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 癒し系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

早梅を観に行く。

梅.bmp

熱海の『梅園』に早梅かわいいを観に行った。

梅祭りを開催していて、出店もかなり出ていた。
ただ平日だったこともあり、イベントはなくちょっと残念。
予定を見ると“梅の種飛ばし大会”とかあってこの季節ニュースで見るあの映像はここが会場だったのか!と親近感すら感じてしまったかわいい

園内はそれほど広くはないが、“梅見の滝”とか橋とか架っていてちょっとした風情があった。
梅の木は全部で何本くらいあったのかなぁ?
そしていろんな種類があって、かなり見ごたえがあった目
ピンクや白、濃いピンクと可愛い花が咲いている。
桜ほどの派手さはないが、楚々とした中に凛とした、生命の強さみたいな物を感じた。
その梅の花の蜜をメジロが吸っている光景は何とも言えず、日本の春の訪れを感じた。
ここで、梅昆布茶をいただいたの。
これがピンク色をしていて、雛祭りみたいな色合いでなんとも可愛いお茶なの。
美味しいしるんるん
それを見ていて、梅パン出来ないかしら???と。
ゆかりを生地に練りこんだり、ふりかけやお茶をそのまま練りこんでも良さそう。
梅を乾燥させて、ドライ梅を作って練りこむとか、甘く煮て中に包むとか。
梅はどこかお菓子みたいな部分もあるから、いろいろ出来そうだな。
考えて裏レシピに載せてみよう!
作ったら写真アップしま〜するんるん



posted by さおりん at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。