2005年08月30日

いちぢくパン

いちぢく.JPG



最近良く焼いているハードパン
今回はカリフォルニア産とトルコ産のいちぢくをミックスして入れ、
更にレーズンもカレンズサルタナの2種類。
更に胡桃を加えて食感もプラス。

分量的にも粉に対して120%くらい入れたかな?
ライ麦が40%入っているので、捏ねるのも結構大変です。

でも、捏ねてしまえばあとは簡単。
発酵しすぎてもそんなに問題は無いので、
常に上手く焼けます。

今回は丸型成型。
クープを十字に入れ(今回はちょっと中心がずれましたが...)
粉をたっぷりつけて210度で25分。
こんがりカチカチに焼け、重さもズッシリです。

オーブンの中.JPG

120%のフィリングだと、切り口はこんな感じ。
ドライフルーツたくさんのリッチなパンです。

スライス.JPG

薄くスライスしてそのまま食べても、ワインやチーズにあわせても美味しいです。
いちぢくが入ることで甘みが出るので、ワインやチーズ用には
ライ麦粉を50%に増やし、フィリングは50%くらいまで減らして作ってみてもいいかもしれませんね。


posted by さおりん at 11:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作りパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

ホームパーティにフォカッチャ!

フォカッチャ.JPG


花火の季節ですね。
今年もたくさんの花火大会が開催されています。

今日は多摩川で行われる大田区主催の花火を観よう!
ダーリンのお友達のお家のホームパーティにお呼ばれ。
大きなマンションの11階。
目の前は多摩川が流れ、土手があり、とても開放的な空間が広がっています。
これなら花火も建物にさえぎられること無くキレイに観えそうです。

さて、ホームパーティなら何かお土産を...と
パンを数種類作って持っていきました。

ドライフルーツたっぷりのハード系のパンやグリッシーニ
フーガスなど、おつまみちっくなパンをいくつかと
フォカッチャを2種類焼きました。

“自家製セミドライトマト”“オリーブ(ピクルス)”

フォカッチャはいろんなお店でいただいてきました。
その中で自分の好きなスタイルのものを真似て作るのですが、
どうもいまいちで...
ふんわりした厚みのあるちょっとコクのあるフォカッチャ。これ理想!
という事で、今回はふんわり感を出すためにスキムミルクを加え、甘さも少しプラス。

自家製のセミドライトマトフォカッチャは
ガーリックオイル漬けにしたドライトマトをみじん切りにし
生地に練りこみます。
更にガーリックオイルを塗りトマトを飾ったので
風味も塩分もしっかり付き、深みのある味わいになりました。
なかなかいい感じに出来上がりました。

オリーブはピクルスを使ったのでちょっと酸味のあるフォカッチャに...
思っていた味とちょっと違いました。
ピクルスの場合はもっと薄く焼く、いわゆる定番のフォカッチャが合いそうです。
今回のようなふんわり生地の場合は美味しい岩塩をちらし、
酢漬けしていないオリーブで飾る方が良さそうです。

今回は18cmのケーキの方を使って焼いたので、見た目もちょっと可愛くケーキっぽい。
持って行くときはちょっとだけリボンで飾り、こんな感じにしてみました。

お土産フォカッチャ.JPG


男性が多かったのですが、その中の2名はパン作り経験者で
かなり興味津々にいろいろ聞かれました。

いつかみんなでお気楽パン教室でも開きたいです。


ちなみに、次回の教室(10月)でこのフォカッチャをお教えしようと思っています。
詳しくはこちらから...(内容はこれから載せます!)

あ、そうそう、
花火はこんな感じで見えました。
写真ではちょっと遠目ですが、もう少し大きく音もしっかり響き、迫力がありましたよ。
この花火、毎年がいいので私のお気に入りなんです!

hanabi .JPG


また来年もダーリンと一緒に観に行こうと思います。







posted by さおりん at 15:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作りパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホームパーティへのパン達。

グリッシーニドライフルーツのパンはこんな感じ!

三宅家.JPG


posted by さおりん at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作りパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

お好み焼き風焼きそばパン

焼きそばパン○.JPG


以前、茅ケ崎にある『こなひき洞』で見かけた焼そばパンがとても印象的でした。
オヤキみたいな風貌で、実に面白かったので、
今日はそれを真似して

“お好み焼き風焼きそばパン”

を作ってみました〜。

3種類の生地で、2パターンの成型。
生地はプレーン生地・青海苔練りこみ生地・紅しょうが練りこみ生地
の三種類。
成型は包んで丸めたものと、マフィン型を使ったもの2パターン。

焼きそばお好みパン.JPG

ソースはおたふくソースが無かったので、中濃ソースにマヨネーズやマスタード・ケチャップを加えてちょっと煮詰めてみたのですが...かなり濃い味になりしょっぱい。
丸型成型で焼いたものには、出来上がってからソース・青海苔・鰹節・紅しょうが・・・とのせ、
マフィン型には焼く前にそれらをのせで焼きました。
中の焼そばにも簡単にソース味をつけてあるので、
生地や表のソースはかなり控えてもいいかも。

焼きそば中○.JPG

焼きそば自体をもう少し薄味にするか、表面のソースを控えるか。
紅しょうがの辛さもあるので、いろんな意味で塩気を控えたほうが良さそうです。

パン生地の食感はGood!
成型はもう少しオヤキ風にしたいので、次回は型は使わず、
包み込んだらその上から天板を乗せて焼いてみようと思います。

ママ批評:ソースが辛いけど、全体的には美味しいわよ。

イェイ手(チョキ)


posted by さおりん at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作りパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

シナモンレーズンパン

シナモンレーズンスライス.JPG

子供の頃から苦手なレーズン&シナモン
どうしても美味しいと思えず、学校の給食で出たレーズンパンは必ず残して持ち帰っていました。

パンを始めるようになり、それも克服しつつあります。
自分で作ったパンには愛着が湧くのは当然で、
ある日、試食にひと口食べてみると意外と美味しいことに気付きました。
それ以来、出来るだけレーズンを使った食べやすいパンを考えて作っています。

更に今回は苦手なシナモンも登場。
カソナードというさとうきびから摂ったコクのある粗めの砂糖と一緒にあわせて使用。
部屋中がシナモンの香りでいっぱいになりました。


今日のパンには2種類のレーズンを使いました。

・オーストラリア産サルタナ(薄茶色の柔らかいレーズン)
・カリフォルニア産カレンズ(香りの強い小粒のレーズン)


これらを水分量70%のかなり柔らかい生地に練りこみ
一次発酵→ベンチタイム。
成型はシナモンシュガーを使ってうずまき状に。
幅15cm、長さ45cmほどに伸ばし、刷毛で水を塗った表面に
シナモンシュガーをたっぷりを振りかけます。
そして、手前からクルクル巻き、一斤型へ...

最終発酵→190℃で35分
出来上がりです。

シナモンレーズンパン.JPG

レーズンの量が多かったので、切り口を見ると粒粒だらけ。
もう少し控えてたほうが、パンの食感も楽しめます。
うずまきはちょっと歪んでしまったけれど、まぁまぁの出来かな?!

シナモンレーズン切り口.JPG

香り、味ともシナモンが強いので、大人の味です。
そのまま食べても、トーストしても美味しいです。

4cmくらいの角切りにして、軽く温め、
ホイップクリームとカナダのメープルシロップを添えて一緒にいただくのも良いかもしれません。
休日のブランチやおやつになりますね!

posted by さおりん at 10:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作りパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

カナダのメープルシロップでパン

メープルシロップ.JPG


着付けのお仕事で仲良くして貰っているMさんから
カナダのメープルシロップをいただきました。

早速それを使ってパン作り!
ちょっと舐めてみると、意外にもさっぱり。
日本のメープルシロップはコッテリマッタリ、後味もしっかり甘い...
そんな感じですが、これはちょっと苦味を感じるさっぱりした甘さ。
もちろん後味もサラッとしていました。
楓の樹木の香がしっかりして、驚きました。

今まで私が食べていたメープルシロップは
メープルシロップじゃなぁ〜い!!


と叫びたくなるくらいです。
おいしい!美味しい!オイシイ〜!

甘いパンは大好きなので、たっぷり入れて作りまするんるん

成型時にも生地に塗って、ベタベタになりながらねじり成型をして一斤型に収めました。
焼く前に卵とグラニュー糖、アーモンドスライスを散してオーブンへ。

15分経った頃から焦げた香り...あせあせ(飛び散る汗)
成型が適当だったので高さが違う。
しっかり釜伸びしてくれたのはいいのだけれど、
高い部分が焦げてました。砂糖をふったせいもあり、真っ黒。
トホホ...たらーっ(汗)

メープルシロップパン.JPG

途中からアルミホイルを半分だけ被せ、残りを焼きました。

ちょっと見た目はイマイチだけど、
良い香とふんわり感と、表面のカリカリ感がとても良い。
1時間後にスライスしてつまんでみると、
甘さ控えめな分、さっぱりとして香りよいパンでした。

メープルシロップスライス.JPG

これ、結構はまりそうです。
次回は成型を変えて作ってみようかな。

もちろん、カナダのメープルシロップはネット買い決定ですかわいい



posted by さおりん at 12:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作りパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

グリッシーニを作る

グリッシーニ.JPG


カリカリ、サクサクなスティックパン?!
イタリアンレストランで良く見かけます。
食事の前の時間つぶしについ手を伸ばしてしまう
グリッシーニを作ってみました。

カリカリなのがたまらないのに、
私の作るグリッシーニはそうならない。
太さと水分量の問題かな...フム...

今回は、エダムチーズセミドライトマトバジルを練りこんだ三種類。
焼く前に、表面にオリーブオイルを塗ってエダムを散しています。
セミドライトマト入りはほんのりピンク色でとても可愛らしいものになりました。
トマトは細かく刻んで入れたので、たまに赤い皮が見えたりして。
セミドライトマト入りには上から塩を振りかけて焼くといいかもしれません。

エダムチーズ入りはしっかり塩分と香りがつき、おつまみに最高です。
バジルも香り充分。イタリアン!な気分になります。
生ハムを巻いたりして、お手軽なおつまみに是非!

グリッシーニ2.JPG

という事で、次回はもっとカリカリに作れるように
研究研究。

不揃いな感じは自家製っぽくていいかな?









posted by さおりん at 10:50| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 手作りパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

ムシみたい...?なハードパン

ハードパン@なまこ型.JPG


大好きなパンを作りました。
ハードな生地にレーズン・オレンジピール・くるみがたっぷり入ったパン。
しかもこんなに...
1つ300gの粉(内30%はライ麦粉)で3個。

私も大好きなのですが、パパも大好きで、
放っておくと1人で全部食べちゃうほど。
更に親友のKちゃんも大好きだというので、
一気に3個、焼きました。

成型はまん丸型なまこ型
しっかり粉をふってクープを入れて焼いていきます。
(まん丸成型はちょっとクープがおかしい???斜めに入れたつもりが
碁盤の目みたいになってしまいました...たらーっ(汗)


ハードパン@○成型.JPG

焼き上がりはちょっと焦げた匂いと、パチパチというハード系独特の焼きあがった生地の音が聞こえ
この出来栄えに大満足!

ハードパン切り口.JPG

一晩おいて生地を馴染ませたら、薄く切っていただきます。
このままでも充分美味しいし、クリームチーズやワインと合わせても最高です。

次回は大好きなドライいちぢくも加えて作ろうかな。
(家庭用オーブンではココまで焼ききれないのが憎い...)




posted by さおりん at 10:50| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 手作りパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

ホワイトチョコチップパン

ホワイトチップパン.JPG


アーモンドプードルの入った少し甘めのパン生地が100gくらいあったので、
ホワイトチョコチップを入れたパンを焼きました。

直径5cmくらいの小さなパン。
ホワイトチョコがほんのりベージュに色付き、可愛らしいパンが出来ました。

焼きたてはフワフワホカホカで、
ホワイトチョコのほんのりした甘さが
疲れを癒してくれます。

甘いパンはこれくらい小さめに作って、
ふとしたときにちょっとつまめるのがいいかもかわいい



posted by さおりん at 10:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作りパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

ホットドックを作る

ホットドック用2.JPG


久しぶりに食べたい...と思ったホットドックを作りました。

小さい頃からママが作ってくれたホットドック。
それが食べたくて、パンから焼きました。

ライ麦粉が残っていたので
20%混ぜた、ふんわりドックパン。
1つ90gで丁度良い大きさに焼きあがりました。

しっかり冷ましてから、
包丁で切り込みを入れ、薄くバターを塗って炒めたキャベツをはさみます。
このキャベツ、炒めることで甘みが出て、
その甘みとソーセージの塩こしょうのスパイシー加減が
子供ながらに美味しいと感じていました。
軽くソテーしたソーセージを最後にのせて完成です。

ホットドック.JPG

アルミホイルで表面が出るようにくるみ、オーブンで15分ほど温めたら
ケチャップやマスタードをつけていただきます。

なつかしぃ〜

子供のころに良く食べた味です。
小さいときはバターロールで小さなウインナーをはさんで食べた記憶があります。

懐かしい思い出の味は、
いくつになっても美味しいものですね

また別の生地でホットドック作りしようと思います。
まずは美味しいソーセージ探しかしら...かわいい


posted by さおりん at 11:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作りパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

バニラビーンズ入り角食パン

高級バニラ角食パン外.JPG


バニラビーンズを大量に入れた
かなりリッチな角食パンを焼いてみました。

砂糖の代わりに練乳を入れ、牛乳だけの水分で焼き上げます。
そこにたっぷりのバニラビーズン
作っているときから甘い良い香りがします。

出来上がりがとても待ち遠しい角食。

オーブンを開けると、フワァ〜っとバニラの甘い香りが立ち込めます。
練乳が入っているせいか、焼き色はしっかり茶色。
成型も風味を生かす為、丸めて型に入れただけなので
ガス抜きしていない分、空洞があります。
それがブリオッシュ生地のようで、ナイフを入れるとサクッとした感触。
でも中はしっとり食パンです。
バニラのツブツブ、見えるかな?

バニラパンスライス.JPG


早速そのままひと口。
ふんわり、柔らかくてほんのりバニラの香りと甘み。
美味しい...

次はトーストしていただきます。
バターを付ける気にもならないので
先日作ったブルーベリージャムをつけて食べてみました。

バニラパントースト.JPG

バニラの香りとほんのり甘さが、トーストすることでより一層感じられ
しっとりした食感。
ジャムもとても合います。

なんだか気持ちまでリッチにしてくれる
高級バニラビーンズパン。

たまに作ってみようと思います。



posted by さおりん at 10:17| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 手作りパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

ふんわり山型パン

山型パン全体.JPG

今日も引き続きパン作りです。

シンプルなパンはいくら食べても飽きないものですね。
その分、素材の質をしっかり感じられたり
出来上がりの食感や風味、風合いも瞬間で感じてしまう
作り手にとってはいろいろな意味でとても難しいパンです。
形にもこだわってしまいます。

以前、一斤型を購入したので
そろそろシンプルなパンを上手に焼けるようになろうかと、
ふんわり山型のパンを作ってみました。

前回は粉の分量が少なく(ってかなり初歩的なミス)
イマイチの出来だった山型パン。

発酵後.JPG

しっかり発酵しています。
これならいい感じに焼けるかもぴかぴか(新しい)

190℃で30分。
今回はしっかり釜伸びもしてくれました。

スキムミルクを入れているので
かなりふんわりしたパンになりました。
スライスもちょっと大変です。


山型パンスライス.JPG


早速トーストしていただきます。
表面はカリカリ、中はふんわり。
粉の香りも良く、甘さとコクも充分に感じます。
厚めに切ってトーストして食べるのが一番美味しいかな。

次回はフランスパンの生地でこの山型パンを作ってみようと思います。
きっと表面はかなりカリカリで、中はモッチリ出来上がるでしょう!
(上手に出来ればねかわいい

posted by さおりん at 10:37| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 手作りパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

バターロールパン

ロールパンアップ.JPG


先日久しぶりにチャレンジしたロールパン
意外にも上手く出来て調子にのってしまい、
今日も復習兼ねて焼いてみました。

前回は1つ60gとちょっと大きめで作ったので、
今回は40gで!
良くお店で売っている大きさくらいです。


ロールパン達.JPG


水の代わりに牛乳とたまごを入れたのですが、
お水の方がもっとふっくらするかな?
味は、コクがあってバターの香りもしっかりしていて
食べた後味がとてもマッタリしています。
バターとたまごのコクですね。
ついもう1つ食べたくなっちゃいますぴかぴか(新しい)

休日のブランチ、カフェオレと一緒にジャムをつけて食べたい、
そんなバターロールが出来ました。

今回も納得の出来かな手(チョキ)!?

posted by さおりん at 10:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作りパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

シンプル三つ編みパン

三つ編みパン.JPG


粉600gで大きめ三つ編みパンを作りました。

たまに1kgの粉を捏ねることがあるけれど、
やっぱり600gも大変...
エアコンが効いている部屋でも
汗タラァ〜たらーっ(汗)

捏ねること15分。
何とかまとまり、一次発酵へ。

この季節、部屋の中で充分発酵します。

成型は三つ編み

一緒に作っていたTakaちゃん におねがいしちゃいます。


最終発酵20分後、こんなに巨大な三つ編みパンになりました。

早速焼きます。
180度で30分

ビックな三つ編みパンの出来上がり!

見た目にもインパクトがありますね。

粉の香りが香ばしく、ふんわりしたお食事パン。
パスタに合わせても、そのままジャムをつけても美味しくいただけます。


posted by さおりん at 10:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作りパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

山形食パンを作る。

山形食パン断面.JPG


やっと手に入れた一斤型ぴかぴか(新しい)

しかもかなりお安くゲット手(チョキ)

早速使ってみよう!と食パンを作ることに。

最初は山形にしようと決め、スキムミルクと牛乳が入った
少しふんわりした生地にしました。

同じ生地分量で二つの山にしようと型に入れてみるも
なぜか発酵時点で大きさが違う...あせあせ(飛び散る汗)

あら、どうしたのかしら?

きっと丸め具合(力の加減)で
こんなことになったのでしょう。

そんなことでめげていてもどうにもならないので
進みます手(グー)

190℃で30分ほど焼きます。

じゃーん。こんな感じ。


山形食パン.JPG


やっぱり山の高さが違いますたらーっ(汗)

まぁ、失敗ではあるけれど、味が良ければいいのです。

しっとりふんわり。

柔らかい食パンが焼けました手(チョキ)

少し発酵し過ぎてしまったようで、色つきは余りよくありません...

そして釜伸びもしてない。トホ。

いいのですかわいい
これからこの型を使いこなしていきますから!


今朝、トーストしていただきました。
ふんわりモチモチでしたが、やはり発酵しすぎでした。
味は悪くないのですが、
香りはよくないし、耳がカリカリしてくれません...

チッ!

まだまだ私のパン修行は続きます...

posted by さおりん at 12:02| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 手作りパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

カリカリモチモチのリュスティック

リュスティック.JPG



なんと!水分量80%という

かなり捏ねにくいパン。

“リュスティック”

を作ってみた。

パン屋さんでは良く見るのだけれど、
買ったことがなく、作るも食べるも初めての試み

生地は至ってシンプル。
ただ水の量が多いだけ。

ボウルに材料を全て入れ、ドレッヂや手では捏ねられないので
ゴムベラを使ってボウルの中で捏ねる。

ある程度混ざったら、そのまま発酵を開始。

なんだか良く分からないものがボウルのなかで眠っている眠い(睡眠)
お好み焼きの生地みたい。

30分ほど経つと2倍の大きさになり、
それを目安に大量の粉を使ってドレッヂを上手く使いコシを出して行く。
いわゆる“パンチを入れていく”のです。


リュスティック発酵.JPG


その作業、10分置きに4回ほど。
コシが出てくると手でもなんとか捏ねられる。
でもキツイ...どんっ(衝撃)

今回はプレーンの生地とあずきを混ぜた生地の2種類を作ってみた。

※固形物は最後のパンチの時に合わせるといい。
(粉末は初めからね!)


さて、分割。
計りで計ることも、生地を整えて丸めることも出来ない為、
ドレッヂで大体の大きさに切り分け、キャンパス地に粉を大量に振った上に乗せ
最終発酵。

1.5倍ほど大きくなったらオーブンへ。

焼き上がりは表面カチカチ、中モッチリ
空気を抜かないように作るため、気泡がしっかり大きく開き、
水分が多い分、透き通った生地が見えます。
(写真では見えないかな)

リュスティック中身.JPG


香りも良い、味も良い。
何より、カリカリとモチモチがとても良い。
シンプルな生地なだけに、その素材の美味しさが全面に出る。
しかも皮がしっかり厚いので、香ばしい。

ただ表面のカリカリは、水分量が多い為時間が経つとしっとりしてしまうので
焼きたての時だけ味わえる美味しさですかわいい

あずき入りは、甘みや食感があってこれまたとても美味しい。
見た目もちょっとオシャレな感じ。

胡桃レーズン、ナッツ類をいれていろんなリュスティックを作ってみようるんるん

プレーン生地はサンドイッチにしても良さそうだし。

はまりそう...な予感です。
posted by さおりん at 14:55| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 手作りパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

バターロールって難しい...

ロールパン.JPG



子供の頃から良く食べているバターロール

レストランでも家でも、定番中の定番パンでしょ。

見た目も可愛いし、美味しいし。

ところが、このパンがなかなか難しい。
簡単に作れると思っていた私が甘かった。

いざ作ってみると、どうしてもプっクリしたあの形に焼きあがらない。

何がそんなに難しいのか・・・

味は良いのに形が悪い。
こんなこと多々あった。

今回はそれをどうにか克服しようと、
再再再チャレンジ・・・くらい?

一次発酵までは順調。
分割していざ成型。

ココからです。気合を入れて巻きます。
ちょっとベタつく生地なので粉を充分に振って、
麺棒を使って上手く伸ばして、クルクルと。

なんとかプックリしたかな?

微妙に不安が残る中、最終発酵。
この最終発酵でしっかり2倍の大きさに発酵させるのがコツ。

この時点でプックリしていれば、出来上がりも期待できるらしいです。

そして、しっかり2倍に膨らんだので、
卵を表面に塗り、オーブンへin。

待つこと10分。

じゃーん、出来たぁ〜!

美味しそうなバターロール。
プックリしてます。
色も良い。
ちょっと大きめだったけれど、
香りもいいし、見た目もGood!

6個中3個は上手くできたかな?手(チョキ)

なんだかコツがわかったような気がするので、
次回もまたやってみよう。
もう少し小さめで作ろう!

納得なバターロール。
味もサイコーでしたぴかぴか(新しい)!(自己満足かわいい

posted by さおりん at 10:59| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 手作りパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

ターメリックの黄色いパン!?

ターメリックとパン.JPG


カレーには欠かせないスパイス

ターメリックを練りこんだパンを作ってみた。

キレイな黄色がそのまま生地に出て、
ちょっと着色が激しい。

ターメリックの香りもかろうじて残るので
中にチーズとバジルを包み、オーブンへ入れる前に切り込みを入れ
そこにはエダムチーズを散らしてみた。


ターメリックチーズ.JPG


焼き上がり。
何とも言えない色とチーズの良い香り。

焼きすぎると生地の色も茶色になってしまうので、
黄色が隠れない適度で焼き上げるのがコツ

ハード系の生地のわりにはふんわり仕上がった。
ターメリックのせいかな?


あずきがあったので、ちょっと拝借。


ターメリックあずき.JPG


ターメリックのスパイシーな味とあずきの甘さが
合うような合わないような・・・

でも、思いのほかいけちゃう手(チョキ)

見た目も和菓子っぽくて可愛いよねかわいい




posted by さおりん at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 手作りパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

ラムバナナチョコカスター

ラムバナナチョコカスター.JPG


カスタードクリームが余っていたので
早く使わないとダメになっちゃう!
とバナナチョコのパンを作った。

うーん...

以前同じ内容でPizzaを作ったのだけど、
そのほうが美味しかったかな〜?

今回は強力粉と全粒粉をミックスした記事で
ラム酒とグラニュー糖、バターでソテーしたバナナを包むお菓子パン。

一緒にカスタードクリームとバトンショコラを入れて包むのだけど、
ちょっとクリームが柔らかすぎで、パンがしっとりしてしまう。
それも考えてパンの生地は作ったはずだったのだけど、
まだまだしっとり。
かなりハード系かPizza生地か...そんなところかしら。

バナナを1本入れてしまえば、形もバナナのように出来たのだけど
さすがに1本は重いので半分。だからちょっと長細いへんな形の成型。
そして意味のない縦線...

一体なにをどうしたかったのか。

一応出来上がり11時半頃に試食しときました。
こういうパンは暖かい方がきっと美味しいはず!

とか勝手に思って。

ちょっとラム酒が少なかったせいで、なんだかぼんやりした味わい。

イマイチみたい。(←かなり他人事)


ラムバナナチョコカスター中身.JPG


次回作るときは
ラム酒に直接バナナを漬けて軽くグラニュー糖を振ったものを
包んでみよう。
シナモンシュガーでもいいかも。

カスタードクリームはもう少し固めのものを作り、存在をハッキリさせる。
パン生地は砂糖はほとんど入れず、さっぱり目の生地にして。

あぁ〜!

うすぅ〜い生地で春巻きみたいなのも面白いかも!
あげパンにしてパリパリとか!

なんだかいろいろ出来そう。


という事で、
結局余り美味しく出来なかったラムバナナチョコカスターパンでした。トホホ〜。







posted by さおりん at 10:37| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 手作りパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

アメリカンチェリーのパン

チェリーパン.JPG


先日作ったアメリカンチェリーのジャムを使って
パンを焼いてみる。

スキムミルクの入ったしっとりしたフワフワパンの生地に
クリームチーズとアメリカンチェリージャムを合わせたのもを
塗り、クルクル巻いて小さなパウンドケーキ型に。

ちょっと発酵が長かったせいか、焼き色があまりつかなかった...たらーっ(汗)
でも中はしっかりモチモチに焼けました手(チョキ)

色見も白にピンクで可愛いでしょ?!かわいい

残った生地はねじり成型。
これもキレイなピンク色が見えて、なかなかいい感じです。

モッチリリッチ生地だと、しっとりしすぎてしまい、しつこいかも。
しかも贅沢な感じになってしまうので
今度はハードなパン生地に入れて作ってみようexclamation


posted by さおりん at 11:43| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 手作りパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。