2005年10月23日

今月のクラシックコンサート

オペラシティ.JPG

毎月聴きに行っている東京フィル@サントリーホールの定期演奏会が
今月は海外公演のためお休み。

ちぇ〜っ て思っていたところ、
またもやダーリンの知り合いのチケット会社の方から
お誘いいただき、フィンランド放送楽団、拝聴してきました。
(今回もダーリンはちゃんとクロワッサンでお礼を...)

このコンサート、1時間で誰でも一度は耳にしたことのある曲を
19時半開演という、社会人にも嬉しい時間帯で提供してくれるもので、
多分、もっと身近にクラシックを...的なねらいがあるのかな
なんて感じながら楽しみました。

今夜の曲目は

指揮者:サカノ・オラモ
『シベリウス:交響詩 「フィンランディア」』
『チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調 「悲愴」』


この指揮者、なんとも言えない味のある指揮をします。
私がいつも車に乗ると聞いているのが、
カラヤンの「悲愴」。
それに慣れているせいか、彼の指揮は“タメの部分”“走らせる部分”の差が激しい。

“あ〜ん、この部分とても好きだからもっとじっくり聞きたいのにぃ〜”

なんて、多々感じてしまいます。

でも聞いていくうちに、その激しい抑揚が良い気持ちになってきたりして。
いろんな指揮者の演奏を聞くことはとても大事なことだと実感しました。

今回は招待席だったので2階席でも鑑賞。
低音の楽器の音はほとんどが消されてしまい、ちょっと残念。
それとは逆に、金管楽器や高音の出る楽器はとてもキレイな音が
コンサートホールの隅々まで、しっかりと届いてきました。
フルートやトランペットのあやふやでない、1本線の通った完璧な音が
私の耳に飛び込んできたのが印象的な楽団でした。


さて、少しだけ曲目の内容・解説を書いておこうと思います。

シベリウス...フィンランドを代表する作曲家で「交響詩」というジャンルに生涯の長い期間を費やした。物語や筋書きを元に音楽が展開していく交響詩。
オペラよりも、大きな出来事を抽象的に描き出してゆく交響詩の方を自分の方領とした。
その時期に「自分は音の詩人なのだ」と手紙の中で言っているのだそう。

『フィンランディア』という交響詩は、CM(どのCMかは忘れました)でも流れている曲で、
とても優雅な曲です。
当時、帝政ロシアの支配下にあったフィンランドは、立法権が剥奪され、
自国の自治権は大きく侵害されていた。こうした情勢にあり、愛国運動が高まっていた中
催された式典の最後に、シベリウスの付曲による野外劇が上演されたのだという。
このときの終曲が大きな国民的賞賛を得ることになる。
(パンフレットより...)
それが『フィンランディア』なのだそうです。

そしてチャイコフスキーの『悲愴』
この交響曲は彼が亡くなる直前に書き上げたもので、
内容についての解説がほとんど無いのだそう。

「この作品は皆にとって謎であり続けるだろう」

という言葉が残されているらしいです。
確かに、ちょっと暗いイメージだったり、異常に明るい活気のある第3楽章だったり。
第2楽章は4分の5拍子というきわめて異例な拍子。
思わず拍手したくなるほどの華やかな第3楽章から、打って変わってどんよりした第4楽章は
最後、息絶えるような終わり方をする。

作品の異様さを強く物語っているこの曲は
「自分の生涯の最大傑作」と呼び、「徹底して主観的」な体験による尋常ならざる
深い内面が表現されている。

なお、『悲愴』という曲名は弟モデストとのその後のやり取りで決められたそうです。
(パンフレットより...)

素晴らしい演奏の後、アンコールは
シベリウスの『美しきワルツ』。
この曲もダーリンの車で良く聞いていたのでとても楽しめました。
静かな曲で終わり方も一瞬時が止まったような感じ。
緊張感です。


大満足の演奏会を終えロビーに出ると、指揮者のオラモ氏がサインをしてくれるらしいというので
パンフレットを購入し(てもらい)こんな感じ....エヘッ。



サイン
created by saorin.



とても充実な演奏会でした。
秋の夜長のデートには最適!
やっぱり芸術の秋ですねぇ〜。なんてっ!

もちろん、その後のご飯は美味しいものでした。
...食欲の秋もありです!!


さぁ〜て、今夜はプルコギ〜


続く〜。


オペラシティ

財団法人東京オペラシティ文化財団
〒163-1403
東京都新宿区西新宿3-20-2
03-5353-0770








posted by さおりん at 17:40| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | デート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。