2005年10月18日

Porterhouse Steaks でステーキ!

お久しぶりでございます。
諸事情により、半月以上お休みしてしまいました...
これからはジャンジャン更新していくので
是非読んでくださいね。

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

さて、久しぶりのブログは美味しいレストラン情報です。
ダーリンが探してきたステーキ屋さんをご紹介!

西麻布に新しくリニューアルして出来たお店です。
彼曰く、「アメリカにある高級ステーキハウスなイメージ」と。
確かにお店構えはそんな感じです。
重厚感たっぷり。

早速中へ...
店内はダークな照明と家具で、大人な雰囲気のお店です。
1Fは広めの個室があり、地下フロアは1席1席が仕切られたテーブル席と
開放的なテーブル席がいくつかあるフロアとに分かれています。
私たちは仕切られた個室風なテーブルのお席に案内され、
早速メニューを吟味。

まずは前菜に生牡蠣をいただきました。

演繦.JPG

どれもワシントン産の牡蠣ということ。
3種類ある中で、私は一番身の小さな牡蠣が気に入りました。
とてもミルキーで、濃厚。
飲み込むのがもったいないくらいでした。
いつまでも口の中にはそのミルキーさが残り、忘れられない味です。
いろんなソースが添えられてきますが、
私はシンプルにレモンを絞っていただくのが好き。

サラダは定番のシーザーサラダ

シーザー.JPG

写真では分かりづらいかな?!
ベーコンがとても厚く切ってあり、
塩加減も、火の通し加減も、脂の具合もとても良く、
ベーコンの存在を充分に感じられるサラダでした。
お野菜は意外にもさっぱりとした味付けで、
これからメインをいただくお腹の準備にはぴったりです。

そして、こちらがメインのお肉。
Tボーンステーキ800gでーす。

生Tボーン.JPG

「こちらのお肉を焼いてお出しします。いかがでしょう?!」

と店員さんが見せてくれます。
このお店のお肉は特製の熟成機?があり、お肉を4週間じっくりその中で熟成させてから焼いて出してくれます。
本当に新鮮なお肉もとても美味しですが
この方法で熟成させたお肉は、もっと重みがあるというか、ジュワッと噛み応えがあるというか。
もちろん固い噛み応えではなく、柔らかさの中に4週間寝かせた弾力があるというか...
とにかく、食してみてください。
その食感が病みつきになるのかもしれません。

ちょっとした説明が長くなりましたが、
こちらをレアで焼いて貰います...

続く↓
posted by さおりん at 13:10| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | レストラン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。