2005年09月26日

本当はどっちを観に行ったのか...

以前、お台場にある未来科学館のプラネタリウムブログでもご紹介しましたが、
その410万個の星を映し出す映写機を作った

大平貴之さん出演の

ダバダ〜でおなじみ ネスカフェのCMが映画館で流されています。

実はそのCM中、この映写機を実際に使って
スクリーン内だけにあったはずの星が、映画館全体に映し出され、
一瞬、

映画館内がプラネタリウムになります

それを体感するために、ワーナーマイカルシネマズみなとみらい に来たのですが、
なんと、私がとても観たかった映画、

チャーリーとチョコレート工場”がその映画館対象映画になっていて、

一度で二度美味しい思いが出来ました。

相変わらず、彼の作っ星空は素晴らしく、
ドラマを見てしまったせいもあり、やはり鳥肌と感動でした。
本当にキレイです。


そして、すごく観たかった映画。

321598thumb001.jpg

イメージとしては

シュールなディズニーランド@大人版

という感じ。


子供たちが大好きなチョコレートとその工場を舞台に
世の中の情報や大人たちに寄って純粋な心を無くしてしまった子供たちと
家族を愛し、夢見る、純粋な心をもった少年のハートウォームなお話。

夢があって、愉快で、冒険心をくすぐるチョコレート工場内は
大人の私でもワクワクしたりほのぼのしたり。
とても楽しめる映画です。

そして、ジョニー・デップ扮するウィリー・ウォンカ氏(世界的に有名なチョコレート発明家)
のメイク、ファッションにもとても興味が湧きました。
成田空港に降りたジョニー・デップとはまったく別人の姿が
そこにはあり、ハリウッドスターの凄さを感じました。

とにかく可愛くて、愉快で、夢のある映画です。


たくさんの星空の感動と、ハートウォームなストーリーとで
大満足な2時間でした。


ワーナーマイカルシネマズみなとみらい


神奈川県横浜市中区新港2-2-1 横浜ワールドポーターズ5F
045-222-2525(自動音声ダイヤル)

posted by さおりん at 15:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7195033

この記事へのトラックバック

広告マンの使命
Excerpt:   コメントをしてくれた方、 どうもありがとうございました。 みなさん、あったかいですね♪ ・・・ さて、広告業界での仕事も あとわずかとなりました。 ”広告..
Weblog: GOOD BAR
Tracked: 2005-10-18 18:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。