2006年01月14日

ショコラネーゼに逢う。

炭焼きチョコビター.JPG

お世話になっている素敵な社長さんからのご紹介で
ショコラネーゼといわれる可愛らしい女性に逢った。

初めて聞いたショコラネーゼ。
チョコレートのことは何でも知っている、それだけではなく
美味しいチョコレートの追求や研究を日々されているようで
たくさんのチョコを食していらっしゃるとのこと。
太りそう...でも楽しそ!

今回なぜお逢いしたのかというと、
彼女の勤める某有名老舗製菓会社で開発された
バレンタイン用のチョコレートの試食会に招かれたからです。
あ、素敵な社長さんの会社のスタッフの方々と一緒にうかがいました。
ありがとうございます。

場所は銀座の素敵なティールーム。

早速チョコレートの内容を...

まずはこちら。

『炭焼きチョコレート 板チョコ』

炭焼きチョコロゴ.JPG

チョコが炭焼き?!
これが特徴です。
普通カカオはローストされてクーベルチュールとして
高級チョコとなって輸入されてきます。
ところがこの炭焼きチョコ、カカオを丹念にゆっくりと時間をかけて炭で焼き
余計な脂やエグミを落とし、チョコレートにしているのです。
独自製法です。
それも大量ではなく少量づつ...


そうすることで“コクがあるのにキレがある”チョコレートが出来上がります。

そして炭焼きにする事で遠赤効果があり、カカオの中心までしっかり熱が入る。
さらに余分な油は落とし、必要なものだけを内側でしっかりガードするのでしょう。

今までのチョコレートは後味に必ずチョコレートの甘ったるさやカカオの風味、
コッテリ感が残ってしまって、なにかを飲まないと次へ進めない..という感じですが
このチョコは違う!
チョコが口のなかで溶けるのとほぼ同時に、サラッとなくなってしまいます。
後味スッキリ、食べたのを忘れてしまうほどアッサリなので
ついもう1つ...と手が出ちゃいます。

可愛いパッケージを開くと
中のチョコレートには炭の断面を模ったロゴが。
これもなんだか可愛い。

サイズも食べやすく、気が付くと食べ過ぎちゃうかも。
バレンタインに貰ったメンズは気を付けて!

次はこのチョコレートをベースに生チョコ登場!






posted by さおりん at 20:00| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | Sweets | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すみません。以前のコメント消えてました!
書き込み失敗していたようです・・・
失礼しました。あらためて書かせていただきます。

お忙しいところ試食会にお時間つくってくださってありがとうございました。
とっても勉強になりました。

ショコラネーゼブログの方でも先生との試食会を紹介させていただいた所、
読んだ関係者からすぐ
「あんなに炭に詳しいなんてあの人は何者なんだ」
とチェックがはいりました!

☆先生おすすめのロイズの豆チョコ「ビーンズショコラ」、早速とりよせて体験しました。
 (久しぶりにチョコポテチも)
 やわらか〜!
 おいしかったです。
 ありがとうございました!
 
 
 
Posted by ショコラネーゼ at 2006年01月24日 03:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

さおりん先生編 「(談)炭ってすごい」
Excerpt: 新作発売直前! また新たなショコラネーゼに 新作炭火チョコレートを食べてもらいました。 お2人目は、着付け・料理・パン作りと、 とっても多才な さおりん先生(こう呼ばせていただいていいでし..
Weblog: ショコラネーゼのショコラな毎日
Tracked: 2006-01-19 04:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。