2005年12月19日

歓びを歌にのせて

渋谷Bunnkamuraで17日からロードショーされているこの映画
観てきました。

なんの予習もせず、内容もほとんどわからないまま
観ました。

観終わった今の感想は
音楽と言うものの素晴らしさと、感動です。
ポロポロ自然に涙が出てくるんです。

心臓病と数々のトラウマを持った一人の音楽家。
彼は子供の頃、クラスのいじめっ子にいじめられながらも
バイオリンを弾き続け、やがてコンクールで優勝し有名な音楽家そして指揮者になっていきます。
ただ、子供の頃に受けたいじめやお母さんの死から、たくさんのトラウマを抱え
心臓が弱い彼はあるコンサートで倒れてしまったのを機に音楽の世界から逃げ出してしまいます。
そして幼少時代に住んでいた町に戻り、
ある教会の聖歌隊の指導者になり、自分の夢をかなえていくというお話。

その夢とは
“音楽で人の心を開かせる”
と言うことでした。

たくさんの人々と接し、音楽の意味を伝え、
人それぞれにあった役割を与え、素晴らしい聖歌隊を作り上げる。
その歌に私は感動し、涙が溢れました。
凄く自然でした。

そして最後に彼は自分の夢をかなえることになるのですが、
その場面がとても切なく、悲しく、その反面素晴らしく、暖かく...
大合唱と最後の場面にまたまた号泣。
この終わり方は私が今まで観た映画の中で
1.2位を争うくらい最高のものでした。

わりと長い映画だったのですが、まったくその長さを感じることはなく
常に見入ってしまうと言う感じ。
自然に涙が流れてくるのと同じで
上手くいえないのだけど、自然な映画なんです。

心が洗われた感じです。
そして音楽の素晴らしさを改めて感じました。
子供の頃から音楽をやってきて
その素晴らしさを体感してきたつもりでしたが
もっともっと凄い力を持つものなんだとしみじみ感じました。

これからも機会があれば是非続けていきたいし
いづれ母親になるときは、絶対にその素晴らしさを自分の子供に伝えるお手伝いをしたい
と思いました。


最高の映画です...

posted by さおりん at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。