2005年10月25日

またぎ 葉山の山人料理

きのこ1.JPG

ダーリンが以前ちょっとだけお世話した、某有名作家の息子さんであるGちゃんが
一年半の世界放浪の旅から帰国しました。

そのGちゃん、まだ25歳と若い!
一年半前は、当時Gちゃんが気に入っていた彼女と一緒に
4人でキダムを観に行ったり、鉄板焼きを食べに行ったりしたなぁ〜
う〜ん、懐かしい。

そのGちゃんが、帰国してダーリンに連絡をしてきてくれたので、
お食事のお席にお邪魔しちゃいました。

今回はGちゃんオススメの三浦郡葉山にある、山人料理のお店。

ちょっと不器用そうなご主人と多分奥様の二人でやっているお店(見た目は居酒屋風)の中は
名前のとおり、またぎが柱にかかっていたり、鹿や鶏の剥製たくさん飾ってあります。

そうです。
ご主人の趣味は狩り。そして釣り
季節になると海に山に、大忙しの様子。

今日は新聞紙の上に、まだ土が着いたままのきのこがたくさん。
そして、朝釣ってきたらしいがたくさん。
残念ながら、ジビエは11月中旬がいいらしく、今日はオススメされませんでした。
でも、この後分かります。
私の初鹿肉体験....
(あまりジビエは好んでいただかないので、お初!体験がありました)

そして、お店の中心にある大きなテーブルは炉端になっていて、
真ん中は炭を置けるように砂や灰が敷き詰めてあります。

早速お料理。
ご主人のオススメでいただくことにしました。

まずは採れたてのきのこ。
大根おろしと一緒にいただきます。

またぎきのこおろし.JPG

大きななめこみたいにヌルヌルでとてもジューシー。
味は結構さっぱりしています。
きのこ独特の臭みやクセもなく、とても美味しい。
新鮮なきのこって、こういうお店でしかいただけないよな...なんて
ふと思ってみたりして。

次は、ご主人が釣ってきた魚。
“カサゴ”を奥様が煮付けてくれました。
甘くてとても良い味付けです。
ご飯が欲しくなっちゃう。
こういうお料理が上手に焚けるようになりたいですね。
魚の身もプリプリです。
煮付けてもこれだけのジューシーさとプリプリ感が出せるのは
新鮮な魚だからでしょう。
海の近くならではのお料理です。


そして、ご主人がせっかくなら....と薦めてくれたのが
ラム肉と鹿肉。

またぎラム&しか.JPG

私はラムも鹿(食したことなし)もちょっと苦手なのですが、
Gちゃん曰く、
「ココのジビエは本当にクセがない。食べやすくて美味しいですよ!」
と、かなり自身満々にお薦めしてくれているので、
「よぉ〜し!いただきましょう!」

炭を入れてもらい、網の上で焼いていきます...
posted by さおりん at 18:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | レストラン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またぎ ≪2≫

ュ肉焼き.JPG


焼いています。
レバーのような鹿肉はあまり火を通さないように。
ミディアムくらいでOKらしいです。
初鹿肉の私は、心なしか少し多めに焼いてみたりして!でも、ご主人の言うとおり。
焼きすぎるとパサパサになってしまって、逆に匂いが出てしまう。
なるほど!
そして、味は思ったほどクセがない。
レバーよりも食べやすいと思った。だから結構へっちゃら!

ラム肉食べかけ.JPG

そして、カリカリに焼き過ぎるくらいしっかり焼いたほうが良いラム肉は
炭で焼いているせいか、しっかり焦げ目もつき、香りもよく、良い具合に焼きあがりました。
早速ひと口。
柔らかくて、独特の匂いがない!
美味しい!!


あ、写真は食べかけで失礼。
待ちきれず、ガブリッ!

こんなに食べやすいラム肉は初めてです。
結構厚めに切られたお肉なのに、とても美味しくいただけました。

余韻に浸っていると、

「これ、なかなか無いぞ!」

といって、コハダの新子を。

イサキの稚魚.JPG

こんなにたくさんの新子、なんだかキレイでしょ。
これだけの量でこれだけの食材は
東京の良いお寿司屋さんでもなかなか出ないものらしく、
ご主人もちょーーーお薦めみたいでした。

もちろん網で焼いて、ペロリと完食。
食べれちゃうものです。

でもいい加減お腹もいっぱいになってきたところで、

「鍋だな、きのこ鍋。最高だぞぉ〜!」

そんなの、食べたいに決まってます。
しかも、カワハギの肝入り!
カワハギの肝は、その日に取れたものしか食べられないと
以前、聞いたことがあります。

きのこに、新鮮なカワハギの肝。

「お願いします...」

posted by さおりん at 17:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レストラン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またぎ ≪3≫

さて、鍋です!
ココ最近急に秋らしくなってきました。
なので、鍋、サイコーです。

きのこ鍋カワハギの肝入り!.JPG


ジャン!
こんな感じ。
白菜ときのこのオンパレード
そして中央にあるのがです!
(って、溶かしちゃった後で分からないね...)

これをお箸で溶かして溶かして...
きのこの出汁がしっかり出た味噌ベースのスープに
肝のコクがジュワァ〜っと溶け出し、もぉ〜たまりません!
もちろんつまみ食いならず、そっとひと口、すすってみましたよぉ。
何ともいえない、贅沢な鍋が出来ました。

白菜の甘さときのこのジューシーさ、出汁、コク、味噌...
私の大好きなもの達ばかり。
お腹いっぱいだけど、しっかりいただきました。

そして、まだ終わらないのが鍋。
最後は雑炊?おじや?でしょぉ。
充分に出汁が出たコッテリスープに、ご飯投入!

何も言葉が出ません。
ホントに、ホントに、涙が出るほど美味しい。
幸せな味です。

Gちゃん、ありがとう...
こんなお店、私たちだけではなかなか見つけられなかった。
本当にありがとう!


11月中旬、もう間もなくジビエの季節になります。
気になった方は是非!

ちなみにココのご主人は本当に釣りが好きな人のようで、
他のお客さんとも釣りの話ばかりしていました。
自分の好きなことをして、それを自分のお店で出して、って
羨ましい人生だな...なんて。
だから、とても表情の素敵な方です。



■山人料理 またぎ■

三浦郡葉山町堀内1968-8
0468-76-0757
posted by さおりん at 16:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レストラン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。