2005年08月17日

夏休みデート第二弾!

kitty.JPG

夏休みといえば、宿題とか画日記とか自由研究とか...
いろんなことにアンテナを張っては宿題と組み合わせていた気がします。

それを思い出すよなイベントが、横浜そごうで開催されていました。

『KITTY EX.(キティ・エックス)ハローキティ誕生30周年記念展』

私が小学生の頃、誰でも1アイテムは持っていたKittyちゃんgoods
女の子ならハンカチ・お弁当箱・お箸・巾着袋...ほとんどがKittyだったのではないでしょうか。
そして私には、一生忘れられないKittyちゃんとの思い出があります。

...小学校一年生の初めての図工の授業。
家にある半端布を使って画を書くという課題。
アイディアの浮かばない私は、ぼんやり何を画こうか考えていました。
ふと机の脇を見るとKittyちゃんの巾着袋がぶら下がっています。
Kittyの横には一羽の鳥。可愛い小鳥。

これだ!

子供心にピンッ!ときて、自分の持ってきた布でその鳥を真似て画用紙に貼り付けました。

胴体はこの柄の布...頭はこれ...くちばしはこれにして、足を書いて...

あっという間に出来上がりました。
早速先生に提出。
午後になるとなぜか私の画が黒板に張られ、数人の先生たちがなにやら話していました。

なんと!展覧会に出展するというのです。

あららら....

Kittyの真似をしたと言えず、そのままどこかへ送られて行きました。
後日輝かしいをいただき、朝礼で賞状を受け取る事に。
とても複雑な思いだったことを今でも覚えています。

そんな思い出のあるKittyちゃん。
是非観たい!
ダーリンと行きました。
もう30歳だそうです。

中にはたくさんのアーティストの作品が展示されています。
面白かったのは、ジャンシャルル・ド・カステルバジャックのアパレルとKittyのお面モデルとのコラボで撮影された8mmビデオ。
スタイルのいいモデルさんがKittyちゃんの頭を被り、デートしたりパーティしたりする映像が
なんとも可愛いらしく、ジーっと見入ってしまいました。
デザイナー本人も登場していて、とてもゴージャスな作品。
可愛いだけのKittyじゃなく、30歳の女性としてのKittyがイメージ出来ます。

今も昔も愛される理由があるのだと、なんとなく分かりました。
これから先、永遠にKittyはちびっこのアイドルでありつづけるでしょう...。



横浜そごう

神奈川県横浜市西区高島2-18-1 
045-465-2111(代表)

posted by さおりん at 18:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | デート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画鑑賞@高島町

りんだ2.jpg

【Kitty EX】を後にし、高島町に出来た109の映画館へ。

『リンダ・リンダ・リンダ』を観ました。

懐かしい高校時代を思い出すようなお話。
ブルーハーツの曲を、女子高生バンドが悪戦苦闘しながら学際で披露するまでを画いた作品。
先生役にはボーカル甲本ヒロトさんのお兄さんが出演されています。
いい味出してました。

映画の中で1人の子が言っていた言葉が印象的です。

「本番の演奏はきっと精一杯だから意外と心に残らないけど、こうやって練習していた時間は絶対に忘れない思い出になると思う」と。

確かに、どんなことでもそうだな...。
本番は意外とあっけないもので、
練習で大変だったことって決して忘れないもの。
仲間と頑張った記憶は、大事な宝物になります。
そんな思い出を一緒に作った仲間は今でも親友だったりして...。


映像で表現されている学際風景は、私が学生だった頃とあまり変わらず、
そういった意味でもとても懐かしい感じがしました。
ただ“足つぼマッサージ”は無かったなぁ〜。



109シネマズMM横浜

神奈川県横浜市西区高島1-3-2 
045-664-0109
posted by さおりん at 08:44| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。